ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>シャンパーニュに似通ったエレガンス「バルフォー 1503 ロゼ・ドライ NV」
ピックアップ情報

シャンパーニュに似通ったエレガンス「バルフォー 1503 ロゼ・ドライ NV」

201734181623.jpg

地球温暖化の影響により、近年“ワイン産地”として注目を集めるイギリスですが、もともと良質なスパークリングワインをつくる条件となる「白亜質土壌」、「冷涼な気候」「ブドウの生育期間の長さ」のすべてを備えており、高品質なスパークリングワインを生産するポテンシャルを秘めていました。2000年代以降は、スパークリングワインの生産が活況を呈し、瓶内二次醗酵方式で高品質なワインをうみ出す造り手があらわれています。

本日はロゼ・スパークリングを得意とするエステイト、ハッシュ・ヒース・エステイトより「バルフォー 1503 ロゼ・ドライ NV」のご紹介です。

ハッシュ・ヒース・エステイトのワイン造りは実業家として成功したリチャート・バルフォー・リン氏により2010年に始まったまだ新しいプロジェクトです。『モダン・クラシックの特徴をもち、世界に認められるクオリティワインを!』を目標に掲げ、クリーンな果実味と凝縮感あるアロマをもつエレガントなスパークリングワインを生産しています。

ハッシュ・ヒース・エステイト バルフォー 1503 ロゼ・ドライ NV
Balfour 1503 Rosé Dry /Hush Heath Estate

香りにはラズベリーやレッドチェリーのコンフィ、赤リンゴ、ローズヒップ、ジンジャーが混じり合う鮮烈かつ上品なアロマ。そして香ばしいイーストやナッツ、砕石、ミネラルのニュアンス。口に含むと、非常にスムーズで繊細な発泡が心地よく、生き生きとした果実感で満たされる。爽やかでクリーンな印象。柔らかくジューシーな果実味と酸とのバランスが絶妙のハーモニーを奏でており、味わいとしては辛口ながらフィニッシュに仄かな甘さが残る(残糖は18.4g/L)。ミネラリーでシャンパーニュに似通ったエレガンス、アフターの余韻も長く果実のフレーヴァーが持続する。

【合わせるお料理】
鴨肉のロースト(ベリーソースを添えて)、鶏肉と茸のクリーム煮、マグロの刺身やカルパッチョなど。

産地:イギリス イングランド
品種:ピノ・ノワール55%、シャルドネ40%、ピノ・ムニエ5%

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/93