ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>シラー系主体にバルベーラのブレンド。「リアンノン・レッド」
ピックアップ情報

シラー系主体にバルベーラのブレンド。「リアンノン・レッド」

20173212213.jpg

プティ・シラー+シラー+バルベーラ=リアンノン・レッド

シラー系主体にバルベーラのブレンド。

カリフォルニアで人気の品種プティ・シラーは、ジンファンデルのパートナーとしてよく見かけますが、プティ・シラーを主体にバルベーラがブレンドされるのはとても珍しいです。

バルベーラはイタリア・ピエモンテ州の土着品種で、最近では近隣のエミーリア・ロマーニャ州でも多く栽培されるようになりました。最適な土壌は粘土質や砂質と言われていますが、元々バルベーラの生命力はとても強く、多くの品種に比べて順応性が高いことで知られています。品種の特徴としてはチャーミングな果実味としっかりとした酸度が挙げられます。十分な日照量により豊かな風味を得るのですが、地中海性気候で温暖なカリフォルニアであれば合点がいきます。

ワインはお互いに良いところを引き出し合い、非常に豊かな果実味としなやかな酸を兼ね備えています。マイルドでとても近づきやすいスタイルです。

ラザフォード・ランチ リアンノン・レッド 2014
Rhiannon Red /Rutherford Ranch Winery

香りには完熟したベリーフルーツやプルーン、ラベンダーなどの芳醇なアロマにドライハーブ、ブラックペッパー、リコリス、ミネラルのノート。そしてバニラやシナモン、クローブ、モカ、ミルクチョコ、トーストなどの豊かな樽香が加わり複雑でリッチな奥行を生む。他になめし革、ベーコン、ジャーキーのニュアンス。アタックはなめらかでジューシーな果実味が溢れんばかりに広がり、味わいは濃密。幾分残糖が感じられるジャミーな風味にもオーク由来のスパイス、バニラが溶け込んでおり甘辛のバランスがとれている(この仄かな甘さが心地よい)。タンニンは丸くしなやかな酸とのバランスがよく、ストレートに果実の旨み・芳醇さが堪能できる。マイルドで親しみやすくもエレガントなスタイル、香り同様のフレーヴァーが余韻に残る。

【合わせるお料理】
仔羊や鴨・ラム肉のロースト、ベリーソースを添えたポークソテー、すき焼き、焼き肉など。

産地:アメリカ カリフォルニア
品種:プティ・シラー53%、シラー37%、バルベーラ10%

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/92