ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>シャブリにおけるニュージェネレーションの一人 「モロー・ノーデ」
ピックアップ情報

シャブリにおけるニュージェネレーションの一人 「モロー・ノーデ」

201731611453.jpg

以前にもこちらでお知らせいたしましたが当主ステファン・モロー氏は2016年8月23日、早朝に急逝されました。享年46歳でした。前ヴィンテージは大変ご好評をいただき、多くの方にモロー・ノーデの素晴らしさを知っていただけたと思います。今回入荷のヴィンテージもどれだけ在庫を確保できるかわかりませんが、より長くご案内できるように努めてまいります。

モロー・ノーデ新ヴィンテージ入荷のご案内

昨今のフランス・シャブリにおける、ニュージェネレーションの一人として圧倒的な評価を受けているモロー・ノーデ。2004年に家業のドメーヌを継承したステファン・モロー・ノーデは、ブルゴーニュの白ワインの一流生産者に求める、秀でたテロワールに植えられた古木の継承を始めとした全ての資質を持ち合わせています。

味わいの純粋さと強烈さが表現されたモロー・ノーデのワイン。これは、試行錯誤の末、ドーヴィサに影響を受けたという、畑の耕耘、有機栽培、手摘み収穫、野生酵母による発酵、自然清澄、そして約4時間をかけてゆっくりと行う全粒圧搾、最低18ヶ月にも及ぶ熟成という独自のスタイルから生まれるものです。また収穫された葡萄の、実に半分をネゴシアンに売却し、ドメーヌの高い基準に見合う葡萄のみを徹底的に厳選、非常に限られた数の元詰ワインだけをリリースするというこだわりよう。 今回は2015年のスタンダードと2014年のヴィエイユ・ヴィーニュ“レ・パルグ”が入荷しております。

モロー・ノーデ シャブリ 2015

モロー・ノーデ シャブリ ヴィエイユ・ヴィーニュ レ・パルグ 2014

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/102