ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>和食、魚介料理、寿司とともに。「グリューナー・ヴェルトリーナー」は抜群の相性!
ピックアップ情報

和食、魚介料理、寿司とともに。「グリューナー・ヴェルトリーナー」は抜群の相性!

20174222408.jpg

オーストリアのワインシーンにおけるリーダー的存在 「ブリュンデルマイヤー」

前回の4月7、8日の投稿にてシャンパーニュに比類するゼクトをご紹介させていただいたブリュンデルマイヤーから、本日は彼らのワイナリーの中で最も重要なブドウの品種、グリューナー・ヴェルトリーナーのご紹介です。

ブリュンデルマイヤー グリューナー・ヴェルトリーナー カンプターラー・テラッセン 2015
Grüner Veltliner Kamptal Terrassen /Weingut Bründlmayer

グリューナー・ヴェルトリーナーは、ブリュンデルマイヤーで最も重要なブドウの品種とされていますが、カンプタール地域を代表する品種でもあります。非常に多様性をもつ品種で、心地よい柑橘系の味わいのものから、収穫を抑えたシングルヴィンヤードのブドウは複雑で長熟なワインになります。カンプターラー・テラッセンは前者のスタイルです。

カンプターラー・テラッセンとは「カンプ谷の段々畑」の意味で、ここには比較的樹齢の若い樹が植えられています。異なる畑から収穫したブドウをブレンドしたワインで、高いテラスの畑は石の多い土壌でワインにミネラル感を与え、長熟のポテンシャルを与えます。低い位置にある畑は肥沃な黄土質土壌で、この畑から採れたブドウはワインを早い時期に熟成させ、また表現豊かにさせます。

香りには新鮮なライムやレモンなどの柑橘類、リンゴ、白い花、ハーブ、ホワイトペッパー、そしてイーストや砕石、蜜蝋、ミネラルのノートが混じり合う。はっきりとした果実のアロマが広がり、洗練された趣。アタックは爽やかで瑞々しく、果実味とミネラル感に溢れる。ピチピチと弾けるような快活なスタイルで極めて高い純度と透明感が感じられ、味わいは鮮明かつフルーティー。キレのよさを身上とした辛口に仕上がっており、キリリと引き締まった酸の余韻が心地よい。一貫してエレガントなつくりで、フィニッシュはスッキリとしている。

【合わせるお料理】
繊細な食材を使った和食、魚介料理、寿司、ローストチキン、アジア系スパイス料理など。

産地:オーストリア カンプタール・ランゲンロイス
品種:グリューナー・ヴェルトリーナー100%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/131