ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>もはやセカンドワインのレベルを超越「レ・クーポレ・ディ・トリノーロ」
ピックアップ情報

もはやセカンドワインのレベルを超越「レ・クーポレ・ディ・トリノーロ」

2017580453.jpg

名もない荒地に過ぎなかったトスカーナ・サルテアーノの地を、一気に世界レベルへと一躍有名にしたテヌータ・ディ・トリノーロ。1980年頃にここを訪れ、「今では見ることのない100年以上前のトスカーナの田舎を感じた」と語るオーナーのアンドレア・フランケッティ氏が独自で設立したワイナリーです。2.5haから独学でワイン造りを開始し、1995年にファーストリリースを迎えて以来、フラッグシップの「テヌータ・ディ・トリノーロ」はワイン・アドヴォケイト誌ですべてのヴィンテージにおいて90点を下回ったことがありません。

出来るだけ小さい房、実をつけさせるため植密度を1haあたり10,000株まで上げるなど改革を進め、今では葉の色を見るだけで、ブドウが今何をしているかわかるといいます。そうして生まれたワインは、ボルドーのトップ・シャトーにも負けない品質にまで高められました。土地のバランスが崩れることを恐れ化学肥料は使用せず、また堆肥は強すぎるので殆ど使用しません。全ては土地に対してソフトでなければならないと考えています。畑の手入れ度合いもイタリアでは最高峰の一つと言えます。

本日はテヌータ・ディ・トリノーロのセカンドワイン、「レ・クーポレ・ディ・トリノーロ」のご紹介です。難しい年といわれた2014年にしてワイン・スペクテイター誌では2016年度 世界のトップ100ワインに選出され、ボルドーやカリフォルニア、ピエモンテなどの銘醸ワインが鎮座する中、堂々の29位にランクインしました。

テヌータ・ディ・トリノーロ レ・クーポレ・ディ・トリノーロ 2014
Le Cupole di Trinoro /Tenuta di Trinoro

香りには赤や黒のベリーフルーツ、アメリカンチェリー、ドライハーブ、ミント、ペッパーやシナモンなどのスパイスが混じり合う。熟した感が強い前ヴィンテージ2013年と比較すると2014年はより洗練された趣から果実本来の鮮度が綺麗に表れている。そしてスパイシーな樽香、タバコやココア、コーヒー、トーストの香り。さらに皮革、茶葉、湿った土、ミネラルのニュアンスが続き複雑性に富む。アタックはソフトでふんわりとしたシルキーなテクスチャー。果実味は染み入るように広がり、継ぎ目のないタンニンと上品な酸味がバランスよく溶け込んでいる。ダークフルーツにスパイス、タバコを思わせ、ミネラリー。しっかりとした構造を持ち、しなやかな曲線美はまさに真骨頂と言える。凛々しくまとまりのよいフルボディで余韻も長く楽しめる。

【合わせるお料理】
牛フィレのステーキ、トリッパ(牛の胃)や白身肉のトマト煮、ラザニアなど。

産地:イタリア トスカーナ
品種:メルロ48%、カベルネ・フラン42%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/141