ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>抜本的な改革により、生まれ変わった伝統あるシャトー「シャトー・ド・ムルソー」
ピックアップ情報

抜本的な改革により、生まれ変わった伝統あるシャトー「シャトー・ド・ムルソー」

20175822452.jpg

ボーヌの街から南に8km下るとグラン・クリュ街道沿いに見えてくるシャトー・ド・ムルソー。以前は「建物こそ立派だが味わいに関して特筆すべきことはない造り手」というイメージを持つ人もいましたが、現在のシャトー・ド・ムルソーは以前とは全く別物であると断言できます。

2012年にフランスの著名な資産家であり世界2位の流通企業カルフールの筆頭株主でもあるアレイ・ファミリー直系のオリヴィエ・アレイが新オーナーに就任し、その潤沢な資金をもとに大改革を行ったのです。まずブシャール・ペール・エ・フィスのCEOを務めたステファン・フォランを、ドメーヌの総指揮をとる新ディレクターに招き入れました。その後、今まで使用していた樽を一掃し、3年以上経過した樽の使用を廃止。さらにブルゴーニュにまだ3台しかないという最新の光学式選果台を導入するなど抜本的な改革に乗り出しました。

その甲斐あってワインの品質は目覚ましく向上し、各評価誌から以下のような称賛を受けています。『2012年以前のワインとは全く別物。目を見張るほどの素晴らしいワインが存在する(WA誌)』、『以前は衰弱していたが、2012年以降赤も白も印象的な品揃え(アラン・メドー)』、『ブルゴーニュの隠れたダークホース(ジャンシス・ロビンソン)』等々。

本日はムルソーの5区画のブドウで造られる「ムルソー・デュ・シャトー」をPick Up!

シャトー・ド・ムルソー ムルソー・デュ・シャトー 2014
Meursault du Château /Château de Meursault

香りにはシトラスやマンゴー、洋梨、リンゴのコンポート、菩提樹を思わせる凝縮したアロマに、スパイシーかつスモーキーなオークの香りがアクセント。バニラや焦がしキャラメル、トースト、バター、アーモンド、ヘーゼルナッツの香り。そしてややフリンティな香り、火打石や鉱物的なニュアンスを持ち複雑性がある。アタックは生き生きとしていてなめらか。厚みのある果実味と新鮮な酸味がバランスよく交わり、味わいはリッチでオイリー、それでいてクリスピーな質感を兼ね備える(現時点では。フレッシュで飲むには十分に美味しい)。非常に表現力が豊かで伸びやかに広がる風味、ストラクチャーがしっかりとした飲み応えがある。ミネラル感が充実し逞しくも、余韻は長くエレガント。

【合わせるお料理】
バターを使った白身肉や魚のソテー、オマールや伊勢海老のソース添え、寿司、天ぷら、ムニエル、レモン添えの焼き魚など。また生ハムやフォワグラ、エポワスチーズとの相性も良い。

産地:フランス ブルゴーニュ地方 コート・ド・ボーヌ地区
品種:シャルドネ100%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/142