ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>一番搾りのみ使用の贅沢な泡!「ルイ・ピカメロ キュヴェ・ジャンヌ・トマス」
ピックアップ情報

一番搾りのみ使用の贅沢な泡!「ルイ・ピカメロ キュヴェ・ジャンヌ・トマス」

20171126232158.jpg

1926年にブルゴーニュ地方リュリーに設立されたワイナリー「ルイ・ピカメロ」。現在は3代目当主フィリップ・ショタール氏が指揮をとり、「少量生産」と「手摘み」にこだわったワイン造りを行っています。1975年にクレマン・ド・ブルゴーニュがA.O.C.に認められる前から瓶内二次醗酵のスパークリングワインを生産していたという屈指の歴史を誇ります。祖父のノウハウを引き継ぎながら新しい手法を導入し、ワイナリーを飛躍的に発展させています。

本日はルイ・ピカメロから、一番搾りのキュヴェだけを使用した贅沢なスパークリングワイン、キュヴェ・ジャンヌ・トマス エクストラ・ブリュットをご紹介いたします。一部オーク樽醗酵することでより複雑味のある深い味わいに仕上がっており乾杯というよりは食中や食後酒におすすめです☆

ルイ・ピカメロ クレマン・ド・ブルゴーニュ キュヴェ・ジャンヌ・トマス エクストラ・ブリュット NV
Crémant de Bourgogne Cuvée Jeanne Thomas Extra Brut /Louis Picamelot

香りにはグレープフルーツやドライアプリコット、アカシアのアロマにパン、ローストしたアーモンドやナッツ、ビスケットなどの芳しい香りがアクセント。そして生クリームや濡れた石、ミネラルの香り。フレッシュかつスモーキー、熟成による膨らみが感じられ豊かなブーケが広がる。口に含むと爽やかでなめらかなアタック。凝縮された果実味は力強くもピュア。繊細なタッチでキレのある酸とミネラルが味わいを支えるエレガントな仕上がりで、一番搾りのキュヴェだけを使用した贅沢なスパークリングワイン。飲むほどに美味しさが込みあがりボリューム・存在感が増す。乾杯というよりは食中や食後酒に、じんわりと広がるたっぷりとした旨み、リッチで飲み応えがあるので単体でも楽しめる。

【合わせるお料理】
白身肉を中心とした料理、手羽先のから揚げ、海老のグリル、カマンベールチーズなど。

産地:フランス ブルゴーニュ地方
品種:シャルドネ80%、アリゴテ20%
タイプ:スパークリングワイン 白 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/275