ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>ドサージュはなんと1998年のTBA!「クラッハー ブリュット・ロゼ NV」
ピックアップ情報

ドサージュはなんと1998年のTBA!「クラッハー ブリュット・ロゼ NV」

20171222235824.jpg

クラッハーは天然甘口ワインの世界的生産者で、現在は3代目のゲオハルト・クラッハーが受け継いでいます。1991年が20世紀最大の甘口ワインのヴィンテージとなったことからこの年よりクラッハーのワインは国内外での地位を確立しました。この年ワイン造りは本業となり、以来イギリスのインターナショナルワインチャレンジにおいて「Sweet wine maker of the year」を7回受賞するという快挙を成し遂げました。さらに2009年9月には8回目の「Sweet wine maker of the year」を受賞しています。

そんなクラッハーが手掛けるスパークリングワインは、シャンパーニュ製法(瓶内二次発酵)でつくられています。そしてドサージュには、なんとクラッハーTBA(トロッケンベーレンアウスレーゼ)ナンバリングシリーズの1998シャルドネ/ウエルシュリースリングNo.7が贅沢に使用されています。ご存知の通りTBAは極甘口ワインですが、こちらのスパークリングワインは残糖度6.5/lの辛口タイプに仕上がっており、上品なバランスのとれた酸味が感じられます。爽やかな柑橘系の香りと、繊細なレッドベリーフルーツの余韻が長く続きます。ピンクのドット柄のラベルも愛らしく、ロマンチックなひとときやプレゼントにも最適です☆

クラッハー ブリュット・ロゼ NV
Brut Rosé /Kracher

香りには新鮮なストロベリーやチェリー、ピンクグレープフルーツ、オレンジ、バラ、ピンクペッパーのノート。繊細なアロマは爽やかなジュレを思わせる。他に鉱物、微かにスモーク、岩、ミネラルのニュアンスが感じられ品よくまとまりがある。アタックはなめらかで爽やかな果実感。キメ細かな発泡が溶け込んでおり、キビキビとした豊かな酸とミネラルが味わいを支えるエレガントなスタイル。ドライな印象が強いがその中にも赤果実の甘さを残し、ほんのりとタンニンが感じられる。一貫して新鮮でスムーズな飲み心地、幾分軽やかで多彩な表情を見せる。

【合わせるお料理】
魚介や白身肉を中心とした料理、マグロの刺身やカルパッチョ、生ハム、トマトソースベースのパスタやピッツァなど。

産地:オーストリア ノイジードラーゼー
品種:シャルドネ30%、ヴァイスブルグンダー30%、ツヴァイゲルト40%
タイプ:スパークリングワイン ロゼ 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/291