ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>ナパを代表する数々のワインを手掛けるスペシャリスト「マイケル・トルヒーヨ」
ピックアップ情報

ナパを代表する数々のワインを手掛けるスペシャリスト「マイケル・トルヒーヨ」

201712981051.jpg

ナパを代表する数々のワインを手掛けるスペシャリスト

今日、マイケルはセコイア・グローブ・ワイナリーのワインメイキングの責任者であり、CEOとして従事。また、カディエム・セラーズのワインメーカーであり共同経営者で、それ以外にもハーブ・ラム・ヴィンヤード、マテッラ/キュナット・ヴィンヤードのコンサルタント・ワインメーカーを兼任しています。彼の初期の頃を代表する銘柄といえば、あの幻のカルトワイン「カール・ローレンス」です。友人と二人で立ち上げたワイナリーでしたが自分達の理想とするワインを世に送り出しています。

シングル・ヴィンヤードとして販売すれば日本で数万円のワインとなる銘醸畑ハーブ・ラム、モリソリ、ト・カロン、クレインの葡萄をブレンドし、超一流所しか扱えないナパの特級畑のカベルネのみを使用した逸品。数ある地元ナパ・ヴァレーのワインショップでもほとんど見かけることができない限定少数のブランドを確立しました(2011年のボトリングを最後に終了)。

さらに、ワイン専門誌やメディア等の評価は必要ないという姿勢を貫き、掲載や評価に必要なサンプルを一切出さない造り手としても知られています。

そんなマイケルが、 ワインメーカーとして30年を迎えるにあたり、自身のブランドでワインを造りたいという事で実現させたのが、この「トルヒーヨ」です。メインとなるのは大胆で力強い「カベルネ・ソーヴィニヨン」、そして上品な重厚感と綺麗なタンニンが心地よい「マデリン・レッド・ワイン・キュヴェ」。

本日は「マデリン・レッド・ワイン・キュヴェ」をご紹介いたします。ラベルはジーンズをイメージした紺にステッチのあるデザインでカジュアル感がありますが中身は超一流の畑(ラザフォード、ハウエル・マウンテン)で採れた葡萄が使用されています☆

トルヒーヨ マデリン・レッド・ワイン・キュヴェ ナパ・ヴァレー 2013
Madelynne Red wine Cuvée Napa Valley /Trujillo

香りにはブラックベリーやプルーン、スミレ、ユーカリ、ドライハーブ、ブラックペッパー、スモーキーなオーク、洗練されたミネラルのノートが混じり合う。濃縮感を感じつつエレガントな趣があり、上品な樽香にはバニラやモカ、コーヒー、タバコ、杉、ナツメグを思わせる。そして鉛筆の芯や皮革、ジャーキーのニュアンス。アタックはソフトでなめらか。しっとりとした舌触りでタンニンは層を成す。果実味はエキス分が充実しておりスパイシーかつスモーキーな樽感がやさしく包み込むように広がる。カチッとした構造ながら、味わいはまろやかで輪郭は丸みを帯びており、やや低めの酸度から近づきやすい印象をうける。飲み応えが◎、アルコール感を含めてバランスよく仕上がっている。

【合わせるお料理】
赤身肉を中心とした料理、スペアリブ、ハンバーグ、コクのあるチーズなどがおすすめ。

産地:アメリカ カリフォルニア ナパ・ヴァレー
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン38%、カベルネ・フラン26%、マルベック15%、メルロ18%、プティ・ヴェルド3%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/284