ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>サン・ジュリアンの王、レオヴィル・ラス・カーズのセカンド銘柄
ピックアップ情報

サン・ジュリアンの王、レオヴィル・ラス・カーズのセカンド銘柄

2018121214921.jpg

スーパー・セカンドの代表格ともいえる「サン・ジュリアンの王」、シャトー・レオヴィル・ラス・カーズは、しばしば格付け一級並の品質に迫っています。畑の主要な部分はポイヤックのシャトー・ラトゥールに隣接しており、その恵まれたテロワールはもちろんのこと、情熱をもって品質向上に取り組んできたオーナー、ドゥロン家の姿勢が高く評価されています。特に前オーナーである故ミシェル・ドゥロンの功績は高く、80年代、90年代と、メドックで数多くの偉大なワインを生み出し続けました。彼は1986年のようなグレート・ヴィンテージでさえも収穫高の50%以上を格下げしてしまうほど徹底して品質にこだわった人物でした。

サン・ジュリアンは、“ポイヤックの力強さとマルゴーの繊細さを併せ持つ”とよく評されていますが、レオヴィル・ラス・カーズはややポイヤック寄りの個性を持ちます。力強いタンニンと凝縮感、スケールの大きなものに仕上がり、飲み頃になるまでに15年以上の忍耐が必要と言われる晩熟タイプです。ヴィンテージの良いものは一級ものに引けをとらず深遠なワインになります。

本日のワインはレオヴィル・ラス・カーズのセカンド銘柄「ル・プティ・リオン・デュ・マルキ・ド・ラス・カーズ」をご紹介いたします。門の下に座る可愛い子ライオンが目印です☆

ル・プティ・リオン・デュ・マルキ・ド・ラス・カーズ2009
Le Petit Lion du Marquis de Las Cases

香りにはカシスやブラックベリー、ブルーベリー、プラムなどの果実香、スミレ、ミント、ペッパー、ローストしたオークのノートが混じり合う。幾分フルーティーさが前に出て親しみやすくもあり同時に慎ましやかで上級ワインに見られるような気品がただよう。他にタバコ、鉛筆の芯、タール、なめし革、ミネラルのニュアンス。アタックはソフトでなめらか。凝縮感のある果実味としなやかなタンニン、酸度は低く調和がとれている。現時点でこなれているものの未だフレッシュさを損なっておらず、「旨み」が深いコクとまろやかな味わいを醸し出している。全体に柔らかなフルボディで、余韻は長く複雑性がある。果実とオークのフレーヴァー、香ばしさは美味しい深煎りコーヒーを飲んだその時と似ている。

【合わせるお料理】
牛フィレのステーキやラム肉の香草焼き、鴨胸肉のロティ、ジビエ、茸料理、焼き野菜など。

産地:フランス ボルドー地方 メドック地区
品種:メルロ71%、カベルネ・ソーヴィニヨン29%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/313