ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>理想のワイン像はフィネスが最大限に表現されたピノ「ドメーヌ・アルノー・ショパン」
ピックアップ情報

理想のワイン像はフィネスが最大限に表現されたピノ「ドメーヌ・アルノー・ショパン」

2018330213015.jpg

コート・ド・ニュイの中心部コンブランシアンに本拠をおく7世代続く生産者です。現在は7代目のアルノーとアルバン・ショパン兄弟が中心となりドメーヌを運営しています。先代までは伝統的手法に則り、素朴なスタイルのピノ・ノワールを造り出してきましたが、現在のオーナーで兄のアルノー・ショパン氏が海外での経験を積んだことにより、今までの伝統に加え新たな知見と技術をもたらしました。

理想のワイン像は「フィネス」が最大限に表現されたピノ・ノワールです。フィネスやエレガンスは人によって微妙に異なる意味をもつ場合がありますが、アルノーの考えるフィネスとは「ブドウを噛んでいるようなたっぷりとした果実味の中に、しっかりとした酸とタンニンがバランスよく溶け込んでいること」。もちろんそれぞれのワインに産地のテロワールは反映されますが、それでもアルノー・ショパンのピノ・ノワールにはどのアペラシオンにも共通した品のある果実味が感じられるはずです。

本日は、コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュをご紹介します。色濃く、気品を感じつつも何処と無く近づきやすい味わいに仕上がっています。

ドメーヌ・アルノー・ショパン コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2015
Côtes de Nuits Villages Rouge Vieilles Vignes /Domaine A.Chopin et Fils

アロマはラズベリーやブラックチェリーのコンポート、カシス、バラ、スパイスが混じり合う力強い芳香を放っており、フルーティーだがエレガントな趣がある。花とスパイスのヒント、そして樽熟由来のバニラやシナモン、黒砂糖の香り。奥からスモーク、トーストのような香りが現われる。他にカカオやマッシュルーム、枯れ葉、ミネラルなど、表現力が豊かで複雑性に富む。アタックはソフトでなめらか。凝縮感のあるジューシーな果実味が溢れんばかりに広がり充実したエキス分と香味の広がりが素晴らしい。口に含んですぐはその豊かさからジャミーな印象をうけるが、良質な酸が程よく引き締めており後半にかけて味わいはドライ感。まろやかで、キメ細かなタンニンが溶け込んでおりしなやかさを合わせ持つ。気品を感じつつも何処と無く近づきやすさがあり、このクラスとしてはかなりお買い得な一本。美味しさがこみ上げ、長く続く余韻をもつ。

合わせるお料理
パテやテリーヌ、鶏肉の赤ワイン煮、豚や鴨肉のロースト ソース添え、茸料理など。

産地:フランス ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区
品種:ピノ・ノワール100%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/348