ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>甘口主流の中で辛口を造り続けた奇才「ヘイマン・レーヴェンシュタイン」
ピックアップ情報

甘口主流の中で辛口を造り続けた奇才「ヘイマン・レーヴェンシュタイン」

2018423224737.jpg

世界最上級の辛口リースリング

ヘイマン・レーヴェンシュタインの当主ラインハルト氏は「甘いブドウではなく芳香性の高いブドウ」を求めています。これは温暖地域の高い気温によって熟したブドウではなく、モーゼルのような涼しい夏の下でゆっくりと成熟することで初めて得られます。このため通常開花から100日前後でブドウを収穫するところ、最大160日まで引き伸ばすことで芳香成分とスレートに由来するフィネスを蓄積させます。収穫は11月に行われますが、ブドウはどれも通常よりも激しい昼夜の気温差を経験しています。そのためアロマのポテンシャルを最大限に発揮した驚くほど芳香性の高いブドウが生まれるのです。

彼のワインはドイツのゴーミヨ誌から「このワインを飲むと他のグローセス・ゲヴェックスが退屈に思えてしまう」、ジャンシス・ロビンソンからは「疑っている人を何かのボトルで納得させなければならないなら、これだ」と絶賛されています。さらにWA誌では95点以上をいくつも獲得し「偉大な、時代にふさわしいリースリング」と言わしめるなど、世界中の飲み手をうならせています。彼の造るリースリングが世界最上級の品質であることに議論の余地はないのです。

ヘイマン・レーヴェンシュタイン シーファーテラッセン 2016
Schieferterrassen /Weingut Heymann-Löwenstein

香りにはマンゴーやグァバなどのトロピカルフルーツやピーチ、熟したリンゴなどの果実香、ハーブ、スイカズラ、ジャスミン。膨らみのある華やかな香りが広がり奥から花の蜜のような甘い香りがあらわれる。そしてジンジャー、土壌に由来するスレートや石、硬質なミネラルのニュンアンスが感じられる。アタックは爽やかでなめらか。果実味は完熟感がありボリューミーで、それでいて味わいはドライに仕上がっている。豊かなミネラルと精緻でやさしい酸がエレガントさを醸し出し、明るくその潔さには後ろ髪を引かれる思いだ。バランスのよい甘辛度、フレンドリーで口当たりが良い。

合わせるお料理
シーフード料理、鴨肉のロースト、ベーコン、ジャガイモのグラタン、エスニック料理など。

産地:ドイツ モーゼル
品種:リースリング100%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/362