ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>飲み易いワインをリーズナブルな価格で提供♪「ボデガ・イヌリエータ」-Vol.2-
ピックアップ情報

飲み易いワインをリーズナブルな価格で提供♪「ボデガ・イヌリエータ」-Vol.2-

2018613234251.jpgのサムネイル画像

ナバーラでは原点回帰の流れ

土着・固有品種の多いスペインにあって、国際品種を使ったワインが数多く造られていますが、ナバーラではガルナッチャやグラシアーノなどの土着・固有品種をメインとしたワインが再び高い注目を集めています。ボデガ・イヌリエータの畑では、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、ソーヴィニヨン・ブラン、ガルナッチャ、シラー、プディ・ヴェルド、そしてグラシアーノなど、植えられている葡萄は多岐にわたりリーズナブルで高品質なワインを世に送り出しています。

本日はガルナッチャ100%の「ミマオ」、固有品種“グラシアーノ”とシラーをブレンドした「アルトス・デ・イヌリエータ・レセルバ」をご紹介します。

先ずはガルナッチャ:ベリータルトのような魅惑的な芳香

ボデガ・イヌリエータ ミマオ ガルナッチャ 2016
Mimao Garnacha /Bodega Inurrieta

香りにはブラックベリーやプラム、ラズベリーソース、ラベンダー、ローズマリー、クローブ、スパイシーかつトースティーなオークのノート。ミネラルのヒントが果実のもつ鮮やかさ・華やかさを引き立たせほんのりと甘さが感じられる。ベリータルトのような魅惑的な芳香を放ち、広がりがある。口に含むとなめらかで生き生きとした果実感、やわらかで肉厚なボディ感を備える。よく熟しており、一見ジャミーな印象をもつが同時にフレッシュさもあり酸とのバランスが優れている。タンニンは丸く表情が豊か、高いアルコール分(15度)を嫌みに感じさせないまでの親しみやすさがある。口当たりの良さから見逃しがちになるが、それぞれの要素が綺麗に溶け込んでおりバランスの良さ、“一体感”という点で群を抜く。

品種:ガルナッチャ100%
タイプ:赤ワイン フルボディ

 

続いて“グラシアーノ”×シラー:柔らかさと深いコク

ボデガ・イヌリエータ アルトス・デ・イヌリエータ・レセルバ 2009
Altos de Inurrieta Reserva /Bodega Inurrieta

香りにはナツメグやクローブ、アニスなどのスパイシーな香りを基調に、ブラックベリーやブラックチェリー、ドライハーブ、トースティーなオークのノートがアクセント。タバコの葉、バニラやモカなどの芳しい香りが広がり、そしてレザーやタール、ベーコンの脂など次々とブーケが現われその複雑性を増していく。口に含むとなめらかでシルキーなテクスチャー。熟成を経てもなお果実味は瑞々しく凝縮した果実感で満たされる。濃厚な味わいながら適度に酸度(決して嫌みが無い)があり、過熟感のないエレガントな仕上がりで、バランスがとれている。熟したタンニンを果実味が包み込むように広がり、柔らかで、深いコクと長く続く余韻を持つ。

品種:グラシアーノ50%、シラー50%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/397