ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>銘醸畑「ラム」は最も重要なグリューナー・ヴェルトリーナーの真骨頂
ピックアップ情報

銘醸畑「ラム」は最も重要なグリューナー・ヴェルトリーナーの真骨頂

201871119149.jpg

生産者はオーストリアのワインシーンにおけるリーダー的存在ブリュンデルマイヤーです。「ラム」はオーストリアのグラン・クリュといえる銘醸畑で、最も重要なグリューナー・ヴェルトリーナーの真骨頂であるとされています。石灰を含む粘土とシルトの上にレスが覆われた土壌です。南向きの斜面で、ブリュンデルマイヤーのワイン生産地域でも最も暖かいハイリゲンシュタインの東端と接しています。この畑のブドウは、成熟度と凝縮度が高く、一般にブルグンディ(ピノ)の品種に近い印象を受けます。

以前2012VTを飲み、そのポテンシャルの高さに驚きましたが、2016VTもとてつもなく凄かったです。世界ソムリエコンクールで優勝経験のあるオリビエ・プシエ氏は『“ラム”は、信じられないほどの厚みとフレッシュさを持ったパーフェクトに醸造されたワインだ。ヴィリー・ブリュンデルマイヤーはおそらくオーストリアで一番のグリューナー・ヴェルトリーナーを育てている!』と語るほど。

そしてこの度、この2016VTがジェームス・サックリングのTOP 100 WINES OF 2017にて98ポイントという高得点を獲得しました。

ブリュンデルマイヤー グリューナー・ヴェルトリーナー リード・ラム 2016
Grüner Veltliner Ried Lamm /Weingut Bründlmayer

香りにはエキゾチックなフルーツ、スパイスを基調とし、イチジクやアプリコット、オレンジ、パイン、シトラスオイルのような凛とした芳香が広がる。そしてミネラル、火打石などのスモーキーなニュアンスと樽由来のバニラや白檀、バタースコッチのような香りが加わる。口に含むとなめらかで舌上に僅かな気泡が感じられ、エキゾチックな香味が瞬く間に口中を支配する。高い熟度とボリューム感を備えておりミネラルと酸が下支えとなる。しっかりとしたストラクチャー、濃密な味わいにもフィネスが感じられ余韻の長さが突出。持続する果実とオークのフレーヴァー、優美なる気品に満ち溢れている。

合わせるお料理
和食全般、魚介料理、天ぷら、アジアン料理など。

産地:オーストリア カンプタール・ランゲンロイス
品種:グリューナー・ヴェルトリーナー100%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/406