ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>揺るぎないドメーヌの継続性とさらなる進化「モロー・ノーデ」
ピックアップ情報

揺るぎないドメーヌの継続性とさらなる進化「モロー・ノーデ」

2018722133043.jpg

モロー・ノーデは17 世紀から続く家族経営のドメーヌです。1929 年、当時のドメーヌの当主アルフレッド・ノーデは、INAO のメンバーで、彼が中心となってシャブリのアペラシオンの境界の策定を行いました。その後、アルフレッドはシャブリのINAO 委員会の名誉会員となりました。1950 年にはMarie NAUDET マリー・ノーデがRene MOREAU ルネ・モローと結婚。ブドウ栽培に携わってきた2つの家系の名前を絶やさないために、ドメーヌ名をMOREAU NAUDET モロー・ノーデとしました。1968 年にRoger MOREAU ロジェ・モローがドメーヌに参画して1972 年にドメーヌを継承。1991 年にはStephane Moreau ステファン・モローがドメーヌに参画。2004 年のロジェの引退に伴い、ステファンが当主となり、現在の名声を築き上げました。

しかし、2016 年夏にステファンが心臓発作で急逝。妻のヴィルジニがドメーヌを引き継ぎました。その直後にはドメーヌの今後を危ぶむ声もありましたが、欧米での評価は揺るぎませんでした。ドメーヌを率いるヴィルジニは『ステファンが築き上げてきたこれまでのドメーヌのスタイルを継承します。⻑年ドメーヌで仕事をしてきた栽培・醸造チームが一緒にいるので全く心配していません。スターは一人の個人ではなくドメーヌなのです。』と、ドメーヌとしての継続性を強調し、さらなる進化を誓っています。

そして2016年ヴィンテージがリリースされました。評価誌『ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス』では高評価を連発し、“ヴァルミュール”が207本出品されたグラン・クリュの中で見事1位を獲得、さらに58本出品されたプルミエ・クリュの中では“フォレ”が1位、“ヴァイヨン”が2位を獲得するなど快挙を成し遂げたのです。

ヴィルジニが率いるドメーヌのチームの結束力はステファンの急逝によってこれまで以上に高まり、ワイン造りに関しての細部へのこだわりは一層強くなりました。

モロー・ノーデ シャブリ 2016
Chablis /Moreau-Naudet

香りには新鮮なレモンやグレープフルーツなどの柑橘類、グリーンアップル、ミント、カルダモン、菩提樹、塩気、石灰的なミネラルのノートが混じり合う。そしてシュール・リー由来のイーストやパンのニュアンス、シャブリ特有のスモーキーな香りが加わり繊細な中にも奥行を生む。アタックは爽やかでなめらか。ミネラルが際立つジューシーな果実味が伸びかに広がり、生き生きとしながらも輪郭は丸みを帯びている。果肉を思わせるまでのピュアさと質感に加えて海風のような爽快感が口中を駆け巡る。抜群の透明度と、十分なキレの良さ。古き良きスタイルにモダンさも兼ね備えている。

合わせるお料理
魚介や甲殻類の料理、フライ、レモンを添えた生牡蠣、白身肉料理、寿司、繊細な食材を使った和食など。

産地:フランス ブルゴーニュ地方 シャブリ地区
品種:シャルドネ100%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/414