ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>"ウィンストン・チャーチル"の名を冠したプレスティージュ・シャンパーニュ
ピックアップ情報

"ウィンストン・チャーチル"の名を冠したプレスティージュ・シャンパーニュ

20188735155.jpg

“ウィンストン・チャーチル”の名を冠したプレスティージュ・シャンパーニュ

「ポル・ロジェ キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル」

歴史上最も称賛されているイギリス人、ウィンストン・チャーチル氏へのオマージュを捧げるために造られたプレスティージュ・キュヴェです。シャンパン愛好家だったチャーチルは数あるシャンパンの中でもポル・ロジェをこよなく愛し自身の愛馬に“ポル・ロジェ”と命名するほど魅了されていました。力強くフルボディでしっかりと熟成した味わいが彼の好みで、グラン・クリュのシャルドネとピノ・ノワールを使用し、その特別なブレンド比率は門外不出となっています。ピノ・ノワールが骨格と幅、強さを与え、シャルドネがエレガンス、フィネス、滑らかさを生み出します。

本日は2006年ヴィンテージをご紹介します。

ポル・ロジェ キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル 2006
Cuvée Sir Winston Churchill /Pol Roger

香りはアプリコットやプラム、ピーチ、レモンなどの果実香、ドライフルーツにアップルパイ、ジンジャー、微かに蜂蜜のヒント。そして特徴的と言えるローストしたアーモンドやバター、ブリオッシュの香りが広がりエレガントな中にも構造的で、その芳しさや深みが増していく。口に含むとスムーズな飲み心地ながら十分な重さがあり、力強くもまろやかでシルキーなテクスチャー。品が良く、それでいて凝縮した果実味はリッチで、シトラスフレーヴァーにナッツと塩気が感じられ酸とともにミネラルが味わいの下支えとなる。熟成感はもちろんフレッシュさが共存し、味わいはドライで男性的かつ洗練されている。卓越した長いフィニッシュ、酸と柔らかさのバランスが優れている。

合わせるお料理
鯛の塩釜焼き、鴨肉のロースト、マッシュルームを添えた仔牛肉料理、中華、コンテチーズなど。

メゾン所在地:シャンパーニュ地方 エペルネ
品種:ピノ・ノワール、シャルドネ
タイプ:スパークリング 白 辛口

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/426