ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>マテッラ 秘蔵のキュヴェ第三弾「アフター・ミッドナイト ナパ・ヴァレー」
ピックアップ情報

マテッラ 秘蔵のキュヴェ第三弾「アフター・ミッドナイト ナパ・ヴァレー」

2018813222834.jpg

本来は国内消費とメーリングリストのみで輸出がされない希少なワインですが、オーナーの奥様とインポーター様のご尽力により特別に分けていただきました。

第一弾はメルロ、マルベック、プティ・ヴェルドの3品種をメインとした“ミッドナイト”、第二弾はボルドー右岸のグラン・ヴァンを彷彿とさせる上級キュヴェ“キュナット・リザーヴ”、そして今回第三弾となるワインはマルベックをメインとしたアフター・ミッドナイトです。もちろんワインメーカーは、あの幻のカルトワイン「カール・ローレンス」のオーナー兼ワインメーカー“マイケル・トルヒーヨ”と「ダックホーン」等で活躍していた“ブルース・レガリア”の2人です。

ワインは旨みがじんわりと広がる濃厚な果実味ながらクリアーな印象で、酸とミネラルが高い次元で調和を成ししっかりとしたストラクチャーの中、フィネスが感じられます。 後日、第四弾もお楽しみに。

マテッラ アフター・ミッドナイト ナパ・ヴァレー 2015
Materra After Midnight Napa Valley /Cunat Family Vineyards

香りにはブルーベリーやブラックベリー、カシスリキュールなどの凝縮した果実香が支配的で、かつ野性味に溢れ、メントールや豊富なスパイス、芳しいオークのノートが混じり合う。バニラビーンズやコーヒー豆、杉、甘いタバコなどの香り。微かにチャイ・ティーやカラメルなどのニュアンスをもち複雑性に富んでいる。アタックはソフトでなめらか。旨みがじんわりと広がる濃厚な果実味ながらクリアーな印象(もちろんアルコール感が充実している)、酸とミネラルが高い次元で調和を成ししっかりとしたストラクチャーの中、フィネスが感じられる。味わいはカシスやラズベリー、クローブ、ローストしたオークを思わせ肉付きがよく芳醇で、成熟したタンニンが存在する。エレガントだが親しみやすさを兼ね備えアフターの余韻の長さが突出している。

合わせるお料理
牛フィレのロースト 赤ワインソース、ペッパーを効かせた牛ステーキ、ラムチョップ、ジビエ、すき焼きなど。

産地:アメリカ カリフォルニア ナパ・ヴァレー
品種:マルベック93%、メルロ3%、プティ・ヴェルド2%、カベルネ・ソーヴィニヨン2%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/431