ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>リッチな果実味を主体とするモダンな造り「ジャック・カシュー」
ピックアップ情報

リッチな果実味を主体とするモダンな造り「ジャック・カシュー」

20181031235338.jpg

特級ロマネ・サン・ヴィヴァンの北東端に位置し、18世紀にはその一部となっていたという“ラ・クロワ・ラモー”。僅か0.6haというこの稀有な区画を所有しているのはラマルシュ、ジャック・カシュー、クドレィ・ビゾの3ドメーヌしか無く、中でも抜きんでる評価を得ているのがジャック・カシューです。

ヴォーヌ・ロマネ村を本拠地とし、所有する区画は特級エシェゾー、代名詞と言える一級ラ・クロワ・ラモー、同じくレ・シュショ、そしてヴィラージュながらも単一畑オー・レアやレ・シャランダン等の人気の区画を所有。栽培はリュット・レゾネを実践し、“ワインは色濃く、ピノの風味が横溢する口当たりのよいものが生まれる”と、ブルゴーニュ・ラヴァーの間で定評があります。

本日はヴォーヌ・ロマネ レ・ジュネヴリエールをご紹介します。

この区画は当主パトリスの夫人の実家からもたらされました。村名畑の中ではもっとも成熟が早く、力強さの中にもエレガントさを感じさせる優美なワインです。

ジャック・カシュー ヴォーヌ・ロマネ レ・ジュネヴリエール 2015
Vosne-Romanée Les Genaivrières /J.CACHEUX

香りには野性味のあるラズベリーやダークチェリー、赤スグリ、アイリス、ポプリ、ブラッドオレンジ、そして上品な樽香にバニラやスモーク、シナモンなどのスパイシーなヒント。ボリュームのある香りで、さらに赤紫蘇のような鮮明さ、ミネラルのニュアンスが加わる。口に含むとなめらかで、球体的なテクスチャー、凝縮した果実味が瞬く間に広がり、上品な中にもプルっとした豊かさが何よりも印象深い。柔らかなタンニンと、酸度はやや低く親しみやすいもので、力強さとともにエレガントさを感じさせる。現時点で素直に美味しく、二日目にはオイリーさも増し官能的なアフターへと続く。

合わせるお料理
仔羊や鴨肉のロースト、鴨鍋、牛肉の赤ワイン煮、赤身マグロの醤油漬けなど。

産地:フランス ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区
品種:ピノ・ノワール100%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/495