ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>力強いポイヤックにあってその奥床しさはサン・ジュリアン似「CH オー・バタイエ」
ピックアップ情報

力強いポイヤックにあってその奥床しさはサン・ジュリアン似「CH オー・バタイエ」

201811871742.jpg

力強いポイヤックにあって、その奥床しさはサン・ジュリアンの気質に似ている。

オー・バタイエは、ボルドー地方 ポイヤック村に位置し、メドック格付けでは第5級にランクインするシャトーです。ポイヤックの土壌は、主に砂利質で水はけがよいことから、カベルネ・ソーヴィニヨンの栽培に適し、ワインは強めのタンニンとコク、しっかりとした骨格をもつものが多い。また長期熟成に向いているのもポイヤックの特徴です。そんな力強い味わいのポイヤックにあって比較的早くから楽しめるのがこのシャトー、良い意味で優しく柔らかなワインと評されています。

とはいえ偉大なヴィンテージとされる年はポイヤックの上級シャトー同様に凝縮感が見てとれ評価が高く、ポテンシャルを秘めているのは疑いようがありません。年々品質が向上しており安定感も生まれつつあります。本日はその偉大なヴィンテージのひとつ、2009年をご紹介します。

シャトー・オー・バタイエ 2009
Château Haut-Batailley

香りにはブラックベリーやカシスリキュールなどの濃縮したアロマが前に出て、ドライハーブ、ミント、ブラックペッパー、土、ローストしたオークのノートが混じり合う。スモーキーな中にもほんのりと甘さがあり、スィート・ウッドやモカ、キャラメルなどの香りがあらわれる。アタックはなめらかでしなやか。キメ細かなタンニンと調和のとれた穏やかな酸味、果実味は豊かで広がりが良い。丸みを帯びた柔らかな質感と、口当たりがすこぶる良く、じっくりと味わうに申し分の無い深みが感じられる。力強いポイヤックにあって、その奥床しさはサン・ジュリアンの気質に似通っている。タンニンは甘く、ビター感と絶妙のハーモニー。アフターの余韻は長くスムーズで、気品が感じられる。

合わせるお料理
牛肉のステーキや赤ワイン煮、仔羊と野菜のハーブ焼き、ジビエ、フォアグラ、茸料理など。

産地:フランス ボルドー地方 メドック地区
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン主体、メルロ、カベルネ・フラン
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/502