ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>ウィーンの英雄的存在,ゲミシュターサッツの魔術師「ヴィーニンガー」
ピックアップ情報

ウィーンの英雄的存在,ゲミシュターサッツの魔術師「ヴィーニンガー」

20181228174756.jpg

ゲミシュターサッツの魔術師「ヴィーニンガー」

ゲミシュターサッツは、一つの畑に複数のブドウ品種を混植し、時期を見極めて同時期に収穫、同時に醸造するウィーンの伝統的ワインです。かつては様々な品種を植えることでのリスク分散を目的としていましたが、近年ではぶどう品種の個性に依らないテロワールの表現方法として注目されています。また、そのヴィンテージの特徴が顕著に表れるため、生産者の手腕が問われる農法とも言えます。

当時は名声を得て、ウィーンが誇るワインとして確固たる地位のあった銘柄でしたが、60年代~70年代にかけて観光産業向けの大量消費用ワインへと姿を変えてしまいました。その輝かしい歴史の復活を目指しているのがこのヴィーニンガー醸造所です。

ヴィーニンガー氏の10年以上にわたる尽力により、2013年にはウィーンのゲミシュターサッツはDAC(原産地呼称)として認可されるまでになりました。ぜひ、世界に誇れる最高品質のゲミシュターサッツを味わってください。

ヴィーニンガー ウィーナー・ゲミシュターサッツ 2016
Wiener Gemischter Satz /Weingut Wieninger

香りは洋梨のコンポート、白桃、グレープフルーツやマンダリンオレンジ、ライムの皮、花の蜜、そして鉱物的なミネラルのノートがアクセント。微かにスモーキーで、フレッシュさが全面にあらわれており、他にカルダモンやホワイトペッパーなどのスパイス、塩気のニュアンスも感じられる。アタックは爽やかでクリスピーな飲み口。透明感があり突き抜けるような真っすぐな酸と硬質なミネラル感が特徴で、エキス分を感じるも味わいはしっかりとドライ感。若々しく風味の広がりが豊かでスパイスが効いている。くっきりとした輪郭をもち、シャープなキレを残しながら香味の広がりとコクを楽しめる。フィニッシュは引き締まっていて、アフターはミネラルのようなほろ苦さ。

合わせるお料理
ソーセージとキャベツの蒸し煮、ハム、ローストポーク、ホタテとアスパラのバターソテー、パスタ、和食など。

産地:オーストリア ウィーン
品種:グリューナーフェルトリーナー、ヴェルッシュリースリング、ヴァイサーブルグンダー、リースリング、シャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、シルヴァーナ、ツィアファンドラー、ロートギプフラー、トラミナー、ノイブルガー
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/540