ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>ラインガウの銘醸「クロスター・エーバーバッハ醸造所」
ピックアップ情報

ラインガウの銘醸「クロスター・エーバーバッハ醸造所」

201933215253.jpg

ほんのり甘い蜜のニュアンス。それでいて後味はスッキリ!

「クロスター・エーバーバッハ シュタインベルガー・リースリング・カビネット」

生産者は、ドイツの偉大なるオルツタイルラーゲ(Ortsteillage 特別畑)の一つ“シュタインベルク”を900年もの長きに亘り単独で種有する醸造所、クロスター・エーバーバッハ。シュタインベルクは、ドイツ国内にとどまらず最も認知度の高いオルツタイルラーゲと言われており魅力的なワインを数多く産出しています。VDP.格付けは、こちらも一級畑に相当するエアステ・ラーゲです。

ここでプチ豆知識。クロスター・エーバーバッハ醸造所と言えば・・・

プレディカーツヴァインのカテゴリーで知られる“カビネット”の名称はここから生まれたとされています。かつて修道士たちが、その年の最高のワインを保管していた部屋を“カビネット(=キャビネット)セラー”と呼んでいたことから、それが発展し、やがてドイツの高級ワインを意味するようになりました。その後1971年に現在の品質分類の呼称に採用されました。

クロスター・エーバーバッハ シュタインベルガー・リースリング・カビネット 2016
Steinberger Riesling Kabinett /Kloster Eberbach

香りは芳醇かつエレガントな趣で、リンゴのコンポートやグアバ、洋梨、ライムなどの果実香にジャスミン、ホワイトペッパー、ミネラルのヒント。そしてほんのり甘い蜜のニュアンス。味わいも繊細で、上品な甘さが心地よい。ジューシーで風味が豊か、柔らかに広がる果実味が溢れ出る様で、生き生きとした酸とのバランスがよい。キリリとした、豊かな酸を感じつつ、しとやかな果実の旨み・甘味が堪能できる。ボディはミディアム。甘さがスッキリとしており料理との相性も◎。

合わせるお料理
野菜とシーフードの生春巻き、スパイスを効かせたアジアン料理、天ぷら、和食など。

産地:ドイツ ラインガウ
品種:リースリング100%
タイプ:白ワイン やや甘口

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/583