ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>業界に衝撃を与えたチリワイン「ヴィーニャ・エラスリス」
ピックアップ情報

業界に衝撃を与えたチリワイン「ヴィーニャ・エラスリス」

2019422234748.jpg

業界に衝撃を与えたチリワイン「ヴィーニャ・エラスリス」

2004年1月、ドイツ リッツ・カールトン・ベルリンで行われたブラインド・テイスティングにて、ラフィットやマルゴー、ラトゥールなどのトップワインを抑え、堂々の1位に輝いたのはエラスリスのヴィニエド・チャドウィック2000でした。因みに2位はセーニャ2001で、チリ産が圧勝し世界を驚かせたのは言うまでもありません。その後も東京やロンドン、ニューヨーク、サンパウロなど15か国以上の都市で、フランスとイタリアにチリワインを含めたプレミアムワインのブラインド・テイスティング行われています。エラスリスのワインはその都度、1~3位、乃至トップ5に名を刻み、ブランドとしての地位を確立。驚いたことにランクインしたワインは「ヴィニエド・チャドウィック」だけでなく、「ドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ・リザーヴ」「カイ」「ラ・クンブレ」、エラスリスのプレミアムワイン全てが選ばれているのです。

本日は「ドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ・リザーヴ」をご紹介します。

エラスリス ドン・マキシミアーノ ファウンダーズ・リザーヴ カベルネ・ソーヴィニヨン 2015
Don Maximiano Founder's Reserve Cabernet Sauvignon /Viña Errázuriz

ブラックベリーやブラックチェリー、ラズベリーなどの果実香に、リコリス、カルダモン、オレンジピール、ユーカリ、そして上品なオークのノートが混ざり合う。バニラやチョコ、コーヒー、さらに杉やナツメグなどのスパイスのニュアンス。果実の豊かさと洗練されたオークが絶妙のハーモニーを奏でる。口に含むとスムーズでふくよかなボディ感。味わいは繊細にして層状、シームレスで伸びやかな果実味が印象的。カベルネS主体らしく確固たる構造の中、果実味は力強くも優美で、鮮やかな酸とのバランスに優れている。芳醇で、集約した旨みが滲み出るよう。飲み応えがあり余韻の長さも突出している。

合わせるお料理
牛・ラム肉のロースト、ミートローフ、牛煮込み料理など。

産地:チリ アコンカグア・ヴァレー
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン67%、カルメネール15%、マルベック8%、プティ・ヴェルド7%、カベルネ・フラン3%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/625