ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>ほんのりと甘味が残るもキレがある" Sec "「ベスラ・ド・ベルフォン セック」
ピックアップ情報

ほんのりと甘味が残るもキレがある" Sec "「ベスラ・ド・ベルフォン セック」

20195823547.jpg

ほんのりと甘味が残るもキレがある「ベスラ・ド・ベルフォン セック」

シャンパーニュ

シャンパーニュの味わいは、出荷直前に添加される糖分の量によって分類・規定されており、1Lあたりの糖分含有量によって明確に分けられています。一般によく見かけるのは辛口のBrutでしょうか。近年は糖分添加量の非常に少ないBrut natureやExtra-Brutなど極辛口のものも広く浸透し始め、市場を賑わすようになりました。

【糖分量】

3g/L以下(極辛口)Brut Nature /Pas Dose /Non Dose /Dosage Zero
6g/L以下(極辛口)Extra-Brut
12g/L以下(辛口 )Brut
12~17g/L以下(やや辛口)Extra-Sec /Extra-Dry
17~32g/L以下(やや甘口)Sec
32~50g/L以下(甘口)Demi-Sec
50g/L以上(極甘口)Doux

一般的に辛口が多いシャンパーニュの市場ですが、上記の通り甘口も存在しています。ですが、甘すぎるのは少し抵抗があるという方にはSec(やや甘口)がおすすめです。こちらの眩い輝きを放つゴールドボトル。生産者は美食家の為のシャンパーニュ、「ベスラ・ド・ベルフォン」。糖分量は20g/Lと、比較的糖分が抑えられておりほんのりと甘味が残るもキレがあります。食事との相性も素晴らしいです。

ベスラ・ド・ベルフォン キュヴェ・デ・モワン セック NV
Cuvée des Moines Sec /Besserat de Bellefon

香りはグーズベリーに、洋梨やリンゴのコンポート、白い花、ピーチジャムが続き、華やかで、気品漂うアロマ。アクセントにペストリーやアーモンドなどの芳ばしい香り。柑橘系のピールやチョーク、ミネラルのニュアンスも感じられる。口に含むとスムーズでクリーミーな印象があり繊細な発泡が心地よい。ジューシーな味わいながら、ベースとしては辛口で、成熟した果実の旨み・ほんのりと甘味が残るもキレがある。食事と楽しむという点において完璧なまでのバランスと、甘辛度。(うっとりとした美味しさ)、比較的辛口の中、微かな甘みが感じられる。

合わせるお料理
乾杯はもちろんのこと食前酒、ペストリー、フォアグラとトリュフを使った料理、酢豚、寿司、デザートなど。

所在地:シャンパーニュ地方 エペルネ
品種:シャルドネ56%、ピノ・ノワール44%
タイプ:スパークリングワイン 白 やや甘口(やや辛口より)

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/636