ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>"Black"or"White"「Xanthos ザントス・ワイン」
ピックアップ情報

"Black"or"White"「Xanthos ザントス・ワイン」

2019519233152.jpg

“Black”or“White”「Xanthos ザントス・ワイン」

“Black”or“White”

本日のワインは、カリフォルニアワインの豊かさを素直に表現しつつ価格を抑えた優良な生産者として知られているプレシジョン・ワイン・カンパニーから、ブランド「Xanthos ザントス・ワイン」をPick Up!

ザントスという名はギリシャ神話に由来し、フシアのペレウス王の息子であるアキレスに与えられた、2頭の不死の馬のうちの1頭の名前。馬の名前はバリウスとザントスで、トロイ戦争中に戦車を引く馬として活躍したそう。

“Black”or“White”

“Black”は樹齢50年以上のジンファンデル100%。肉付きがよくアルコールのボリュームがあり深みが感じられる。一方、“White”はカベルネ・ソーヴィニヨン主体にテンプラニーリョとマルベックのブレンド。ソフトな口当たりから瞬く間にアルコール感が口内を支配し同時に果実味が前に出る。

“Black”

ザントス オールド・ヴァイン ジンファンデル カリフォルニア 2016
Xanthos Old Vine Zinfandel California /Precision Wine Company

香りはプラムソースに、カシス、ブラックベリーやブラックチェリーの黒果実、レーズン、リコリス、オリエンタルなスパイスのヒント。加えてバニラやトースト、ナツメグなど木樽由来のアロマがやさしく包み込む。他に甘いタバコ、なめし革、ジャーキーの香り。表現豊かで深みが感じられる。口に含むとスムーズで、肉付きがよくアルコールのボリュームがある。濃縮感漂う果実味が広がり、熟した果実の風味に、シナモンなどのスパイスと、溶け込んだ樽の要素が心地よいアクセント。タンニンはキメ細やかで、舌触りはしっとりとしており芳しいコクと長く続く余韻を持つ。

合わせるお料理
ラムや鶏肉のロースト、焼き鳥、スペアリブ、ハンバーグ、野菜のソース炒め、ラタトゥイユなど。

 

“White”

ザントス カベルネ・ソーヴィニヨン カリフォルニア 2016
Xanthos Cabernet Sauvignon California /Precision Wine Company

ブラックベリーに小粒の赤い実、スミレ、リコリス、ドライハーブの香り。微かなミントのニュアンスがフレッシュな印象を与え、さらにナツメグやモカ、トーストなど木樽由来の香りが混ざり合う。口に含むとスムーズでなめらか。ソフトな口当たりから瞬く間にアルコール感が口内を支配し同時に果実味が前に出る。カシスやイチジクを思わせる親しみやすい味わいで、ほんのりと甘いテイスト、酸味はしなやかでバランスがとれている。熟したタンニンがしっかりとした構造と質感をもたらしシームレスで、広がりがある。パワフルというよりはしなやかで、甘美なるアフター。

合わせるお料理
牛フィレ肉やラム肉のロースト 赤ワインソース、牛頬肉の赤ワイン煮、ハンバーグ、ビーフシチュー、牛しゃぶ、すき焼きなど。

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/644