ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>ピノ・ムニエの可能性に挑戦「ブールデール・ガロワ」
ピックアップ情報

ピノ・ムニエの可能性に挑戦「ブールデール・ガロワ」

201982605732.jpg

ピノ・ムニエの可能性に挑戦「ブールデール・ガロワ」

シャンパーニュ地方、マシフ・ド・サン・テイエリーのプイヨン村に本拠を置くRM「ブールデール・ガロワ」。

シャンパーニュ地方の北部、(マシフ・ド・サン・テイエリーはその遥か昔は海だったこともあり、いわゆる他のエリアと違い⼟壌が浜辺にあるようなサラサラな砂で出来ています。(この⼟壌は”Sablo-Limoneux”サブロ・リモヌと呼ばれる稀有な土地。)

畑にはピノ・ムニエがメインで85%、次いでシャルドネ(10%)とピノ・ノワール(5%)が植樹されています。樹齢は古く平均で50年、最も古いもので1922年に植えられたものも。ブールデール・ガロワでは、この稀有なテルワールを守るために自然を生かした栽培にこだわっています。2000年から全ての畑には青草を増やし栽培はビオロジック農法を実践、土壌を尊重したブドウ栽培を心がけています。

また、テロワールの特徴を最大限に体現するために全てのキュヴェはドサージュ:0g/lでつくられています。独特なフレッシュさとミネラル感を備えた、フーティーなシャンパーニュが生まれるのです。これがシャンパーニュ ブールデール・ガロワのスタイルです。

本日はブリュット・トラディションをご紹介します。

ブールデール・ガロワ トラディションNV
Brut Tradition /Bourdaire Gallois

香りはリンゴや洋梨、タンジェリン、ピンクグレープフルーツのアロマ。ヨードや石灰的なミネラルを背景に、アーモンドや軽くトーストしたパン、さらに溶かしバターの香りが現われる。香りの幅に奥行きがありピュアな印象と共に深みが感じられる。口に含むとスムーズでなめらか。丸みのある繊細なタッチから、じんわりと広がる豊かな風味。ドサージュはゼロ(0g/L)で極めて辛口ながら、その中にしっかりと熟した果実の旨味が感じられる。ピュアで、程よいボディ感。調和のとれた上品な酸味が味わいに緻密さをもたらし、フィニッシュに心地よい塩気を伴う。

合わせるお料理
海老のグリル、魚介のカルパッチョ、寿司、天ぷら、生ハム メロンなど。

産地:シャンパーニュ地方 プイヨン
品種:ピノ・ムニエ100%
タイプ:スパークリング 白 辛口

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/707