ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>ピノ・ムニエの可能性に挑戦「ブールデール・ガロワ」-Vol.2-
ピックアップ情報

ピノ・ムニエの可能性に挑戦「ブールデール・ガロワ」-Vol.2-

201982744622.jpg

ピノ・ムニエの可能性に挑戦「ブールデール・ガロワ」

ポイントはドライアイス。

ブールデール・ガロワでは収穫から醸造の際にドライアイスをふんだんに使用します。収穫時、50kgのケースに少なめにブドウを入れ、ケースの底と真ん中、上部にドライアイスを入れ込みます。ドライ・アイスが解けると気体の炭酸ガスがブドウを空気から守ります。温度が下がり自然醗酵を止め、酸化しにくくなります。

そして圧搾時に機械の中、真ん中と上部にドライアイスを入れ込みます。パイプまたタンクの中にドライアイスを入れ、解けると気体の炭酸ガスがパイプとタンクから空気を押し出します。最初から空気との接触が無いため酸化防止剤は無添加。長い瓶熟成の後、ブドウからシャンパーニュになったジュースが初めて空気を感じるのはボトルを開けた瞬間のみです。

本日は、鮮やかなオレンジを帯びたサーモンピンクが美しい“ロゼ”をご紹介します。

ブールデール・ガロワ ブリュット・ロゼ NV
Brut Rosé /Bourdaire Gallois

香りはストロベリーやラズベリー、ピンクグレープフルーツ、ミカン、そしてキルシュに、イチジクなど華やかな印象。さらに八角や僅かなフェンネルの香り、炒ったアーモンドのような香ばしさ。背景にあるミネラルのニュアンスと相俟って洗練された深みが感じられる。口に含むとスムーズでしなやか。繊細なタッチから味わいは鮮明で、エネルギッシュなインパクト。はっきりとした酸味が感じられ、ボリュームとコク、心地よい緊張感で満たされる。フレッシュで軽快、調和がとれておりほろ苦さが全体を引き締める。

合わせるお料理
オマールのロースト、シーフード料理、中華、オードブル、赤身マグロの刺身やカルパッチョ、鴨肉のロースト ベリーソースなど。

産地:シャンパーニュ地方 プイヨン
品種:ピノ・ムニエ、ルージュ17%
タイプ:スパークリング ロゼ 辛口

商品ページはワイン名をClick

201982744925.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/708