ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>二人のMWが在籍する豪華プロジェクト「ショウ・アンド・スミス」-Vol.2-
ピックアップ情報

二人のMWが在籍する豪華プロジェクト「ショウ・アンド・スミス」-Vol.2-

2019925114549.jpg

冷涼産地アデレード・ヒルズで生み出すプレミアムワイン 「ショウ・アンド・スミス」–Vol.2–

二人のMW(マスター・オブ・ワイン)の存在もさることながら、ワイナリーにとっては栽培家と醸造家の技量も必要な役どころ。栽培家のマーレー・リーク氏はアデレード・ヒルズで最も尊敬されているブドウ栽培者の1人で、ブドウ栽培委員会の地域委員長を務めるほどの人物です。そしてシニアワインメーカーには、オーストラリアワイン界注目の醸造家アダム・ワデウィッツ氏を招聘。彼は名誉ある『Len Evans Tutorial』の指導者として活躍した実績があり今でも多くのワインコンペの審査員を務めています。

本日はピノ・ノワールとリースリングをご紹介します。

ショウ・アンド・スミス ピノ・ノワール 2018
Pinot Noir /Shaw + Smith

アロマは香り高くフローラルで、赤いバラの花びらやラズベリー、レッドチェリーを思わせる。そしてポプリ、軽いハーブの香りにリコリス、アクセントに爽やかなオレンジピールやアールグレイのヒント。まるで香水の様、優雅で魅力的な芳香が鼻腔をくすぐる。口に含むとスムーズでなめらか。ジューシーな果実味に溢れ同時にアルコール感が口内を支配する。フレッシュな酸とのバランスがよく輪郭は丸く円やかな質感に、果肉的で、とろみすら覚える。アタックこそ繊細だがエネルギッシュで明朗な味わい。果実感が前面に表れる、突出した長い余韻が印象的。

合わせるお料理
鴨・鶏や豚肉のロースト、鶏肉のトマト煮、すき焼き、ジンギスカン、スイートポテトなど。

 

ショウ・アンド・スミス リースリング 2018
Riesling /Shaw + Smith

香りはフレッシュで、青リンゴや洋梨、白い花のアロマに、ライムピール、スイカズラ。そして鉱物的なニュアンスに、蜜蝋、僅かに塩味のあるミネラルのノートが心地よいアクセント。口に含むと爽やかでチャーミングな果実感。親しみやすさと共に繊細さを合わせ持ち、バックボーンにミネラルがしっかりと感じられる。柔らかくもしなやかで、クリーアな酸とのバランス。鮮やかで表情が豊か、ボディ感も程よくあり長く続く余韻を持つ。ジューシーだが味わい深くクオリティの高さが窺える。

合わせるお料理
和食、魚介の天ぷら、ヒラメのムニエル、サーモンのグリル、中華など。

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/724