ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>スケールが大きく、男性的な力強いスタイルのRM「ジャン・ラルマン・エ・フィス」
ピックアップ情報

スケールが大きく、男性的な力強いスタイルのRM「ジャン・ラルマン・エ・フィス」

2019101622326.jpg

スケールが大きく、男性的な力強いスタイルのシャンパーニュを生み出すRM

「ジャン・ラルマン・エ・フィス」

現当主はジャン・リュック・ラルマン氏。曾祖父の代からブドウ栽培を行っており、シャンパーニュ造りは1951年に開始しました。かつてボランジェやランソンにブドウを供給していたレコルタン・マニピュランで、ピノ・ノワールの聖地ヴェルズネイに1、2を争う最上の区画を擁しています。

恵まれたテロワールの特徴を表現するため厳格なリュット・レゾネにてブドウを栽培。醸造においては自然酵母を用いてホーロータンクで発酵を行うことでテロワールの偉大さを鮮明に伝え、同時にマロラクティック発酵にて滑らかな質感を引き出しています。

本日は樹齢60年を超える古樹のブドウを使用したブリュット・レゼルヴをご紹介します。

ジャン・ラルマン・エ・フィス ブリュット・レゼルヴ グラン・クリュ NV
Brut Réserve Grand Cru /Jean Lallement et Fils

香りは洋梨やリンゴのコンフィ、蜂蜜、紅茶、カモミール。さらにブリオッシュやトースト、ナッツの香りに、スモーキーなミネラルのノートが混ざり合う。フルーティーさと熟成感が共存し、表情豊かなブーケが魅了する。口に含むと果実の凝縮度が高くミネラリーで、ふくよかなボリュームが感じられる。ピノ・ノワール主体らしく男性的でしっかりとした重心の低さ。重たすぎず繊細なタッチの広がりを見せ、上品な酸味が緻密な印象を与える。総じてエレガントなスタイルで、フィニッシュはドライ。僅かにスパイシーさが心地よいアクセントとなり味わいの強弱のバランスが保たれている。

合わせるお料理
スパイスの効いた甲殻類、貝のグリル、平目のムニエル バターソース、グラタン、ナッツとレタスのサラダなど。

産地:シャンパーニュ地方 モンターニュ・ド・ランス地区 ヴェルズネイ
品種:ピノ・ノワール80%、シャルドネ20%
タイプ:スパークリングワイン 白 辛口

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/743