ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>柔らかさと巧みさ、そして力強さ「シャトー・カプ・サン・ジョルジュ」
ピックアップ情報

柔らかさと巧みさ、そして力強さ「シャトー・カプ・サン・ジョルジュ」

2019111021323.jpg

柔らかさと巧みさ、そして力強さ「シャトー・カプ・サン・ジョルジュ」

ボルドー新世代のひとり、ジャン・フィリップ・ジャヌイクス氏。

異常なまでの探究心が造り上げた究極のボルドー・ワイン“ヴァン・ミル20 mille”をはじめ、1st リリースの2001年以来、常に高評価を受けるサン・テミリオンの“シャトー・ラ・コンフェッションChâteau La Confession”、ポムロールにおいてはヴィユー・シャトー・セルタンに隣接する“シャトー・ラ・クロワ・サン・ジョルジュChâteau La Croix Saint Georges”が名高い。

品質は年々高まる一方で、並外れて困難なヴィンテージにおいても注目に値すると専門家や愛好家の間でも評価が高い。

本日はサン・ジョルジュ・サン・テミリオンからのワイン。2015年のカプ・サン・ジョルジュ。円やかなコクがあり飲み応えが充実し柔らかさと巧みさ、そして力強さをバランスよく備えています。

シャトー・カプ・サン・ジョルジュ 2015
Château Cap Saint George /Jean-Philippe Janoueix

香りはブラックベリーやラズベリー、甘いプラムなど豊かな果実香が広がり樽由来のバニラやチョコ、白檀の香りがアクセント。さらにブラックペッパーやナツメグなどのスパイスのニュアンスにレザーやトリュフ、土っぽさが加わる。口に含むと厚みがありスムーズで、キメ細かなタンニンが全体を包み込むようなボディ感。舌触りはクリーミーで、果実味は凝縮感がある。円やかなコクがあり飲み応えが充実し柔らかさと巧みさ、そして力強さをバランスよく備えている。現時点で素直に美味しい。ジューシーで早くから楽しめ、熟成のポテンシャルも秘めている。余韻に果実とスパイシーなオークのフレーヴァー。

合わせるお料理
鴨や仔羊のロースト 甘めのソース、角煮、照り焼きチキン、茸料理、バーベキューなど。

産地:フランス ボルドー サン・ジョルジュ・サン・テミリオン
品種:メルロ主体、カベルネ・フラン
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/758