ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>最良のヴィンテージでは三級に匹敵!「シャトー・ブラネール・デュクリュ」
ピックアップ情報

最良のヴィンテージでは三級に匹敵!「シャトー・ブラネール・デュクリュ」

20191225212544.jpg

最良のヴィンテージでは三級に匹敵!「シャトー・ブラネール・デュクリュ」

1988年に現在のオーナー一族、マロトー家がこのシャトーを入手し、それ以降、品質が向上。オーナーの交代がブラネール・デュクリュにとって大きな転機となります。1991年に醸造所の大改修を行い1990年代後半から品質が安定し、格付け四級の中でもひときわ脚光を浴びるようになりました。最良のヴィンテージでは三級に匹敵すると言われるようになり、ワインは繊細にして味わい深くまろやかなコクを備えたもの。

30年近くに亘ってオーナーであったパトリック・マロトー氏は、2017年に亡くなりましたが、人柄が良く人望が厚い人物だったと聞いています。2001年から2008年までユニオン・デ・グラン・クリュ・ド・ボルドーの会長を務めるなど、ボルドーに大きな功績を残した人物でした。

シャトー・ブラネール・デュクリュ 2012
Château Branaire Ducru

香りはクランベリーやラズベリー、ブルーベリーなどベリーフルーツの香りが豊かで、それでいてなんとも慎ましく品の良さが漂う。そしてフローラルな花の香りに、クローブやブラックペッパー、タバコ、チョコ、鉛筆、カカオのヒント。口に含むとスムーズでなめらか。しなやかなタンニンと調和のとれた穏やかな酸味、純度が高く味わいは凝縮感がある。カベルネ主体らしい骨格はもちろんパワフルでリッチ、そこにエレガントさが加わり全体的な均衡が保たれている。後半にかけてドライ感、素晴らしい質感と突出した長く続く余韻を持つ。

合わせるお料理
牛フィレや鴨肉のロースト、ラム肉の香草焼き、ジビエ、茸炒め、焼き野菜、スモークサーモンなど。

産地: フランス ボルドー地方 サン・ジュリアン
品種: カベルネ・ソーヴィニヨン主体、メルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/797