ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>シャサーニュ モンラッシェの新星ワイナリー「ドメーヌ ハイツ ロシャルデ」-Vol.2-
ピックアップ情報

シャサーニュ モンラッシェの新星ワイナリー「ドメーヌ ハイツ ロシャルデ」-Vol.2-

202011561433.jpg

シャサーニュ モンラッシェの新星ワイナリー「ドメーヌ ハイツ ロシャルデ」–Vol.2–

本日はドメーヌ ハイツ ロシャルデから赤ワインをご紹介します。

ハイツ ロシャルデではテロワールを最大限に引き出すため畑ではビオディナミを実践し、全房発酵により複雑さと凝縮感を備えたワインを世に送り出しています。

まずはジューシーで果実の豊かさを感じるレジョナル。続いてポマールの一級 レ リュジアンをご紹介。

ドメーヌ ハイツ ロシャルデ ブルゴーニュ ピノ ノワール 2018
Bourgogne Pinot Noir /Domaine Heitz-Lochardet

香りは赤い果実にスミレ、ブラッドオレンジ、クローブ、シナモンが混ざり合う魅力的なアロマ。新鮮味に溢れており果実の豊かさを感じる。味わいはジューシー。フレッシュな酸とのバランスがよく凝縮した果実味にもスタイリッシュにまとまっている。穏やかな酸から飲みやすく程よいタンニンが心地よい。たっぷりとしていてピュア、なおかつ上品な味わいが特長。

合わせるお料理
鴨のコンフィ、赤身肉のステーキ、ポークソテーなど。

ドメーヌ ハイツ ロシャルデ ポマール プルミエ クリュ レ リュジアン 2018
Pommard 1er Cru Les Rugiens /Domaine Heitz-Lochardet

グラスに注いですぐはスパイシーなバニラやクローブ、シナモン、スモーク香。次いでブラックベリーやチェリー、プラム、ドライハーブ、ペッパー。はじめは少しおとなしいが、ひしひしと果実香が強まっていく。そして湿った土やミネラルのヒント、複雑さや深みを感じる。口に含むと濃密で、ふっくら広がるジューシーな味わい。繊細にしてしっかりとした構造を持ち、なめらかなタンニンが心地よく広がる。リッチさもあり飲み応えが十分。すぐ飲むのであれば早めの抜栓かデカンタージュがおすすめ。

合わせるお料理
鴨やラム肉のロースト、ジビエ、スパイスを効かせた肉料理など。

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/973