ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>ドイツワインの最高峰"エゴン ミュラー"がオーストラリアで造るワイン「カンタ」
ピックアップ情報

ドイツワインの最高峰"エゴン ミュラー"がオーストラリアで造るワイン「カンタ」

20221121195217.jpg

ドイツワインの最高峰“エゴン ミュラー”がオーストラリアで造るワイン「カンタ」

リースリングワインの造り手として右に出る者なしとして世界的に知られる、ドイツの醸造家エゴン ミュラー。本拠地モーゼルから赤道を超えた南半球、気候も異なる南オーストラリアでのワイン造りは、リースリングの第一人者の研究心と興味をかき立てました。エゴン ミュラーが情熱を注ぎ、心から愛するワイン。それが Kanta です。Kanta カンタとはサンスクリット語で「愛すべきもの、美しいもの」という意味があります。

畑は南オーストラリアでも最古に近い由緒ある区画、アーガイル ヴィンヤード。標高は400mを越え、非常に冷涼な地域です。表土は砂質ローム、下層土は褐色粘土で鉄分を含む石が混じる土壌。手摘みで収穫し、8 時間低温浸漬。ワイナリーに生息する土着酵母で自然に発酵が始まります。6か月間シュールリーし、瓶詰め。12か月以上の瓶内熟成。ワインはしっかりとドライ感があり滋味に溢れた旨みが特徴です。

エゴン ミュラー カンタ リースリング 2018
Kanta Riesling /Egon Müller

ライムやグレープフルーツなどのシトラスとほのかなトロピカルフルーツのアロマ。そしてスイカズラ、干し草、鉱物的なニュアンス。熟成により蜜蝋やペトロールなど複雑さが現れている。味わいは爽やか。力強いミネラルが骨格を成し、ジューシーなリンゴ、グレープフルーツ、パインを思わせる。甘さが抑えられておりしっかりとドライ感、滋味に溢れた旨みが特徴。さっぱりとしたフィニッシュで、ほろ苦いアフター。

合う料理
シャルキュトリー、焼売、餃子、魚介の天ぷら、和食など。

産地: オーストラリア アデレード ヒルズ
品種: リースリング100%
タイプ: 白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1196