ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>飲み手を新たな高みへ連れて行く「アンドレ クルエ The V6 エクスペリエンス」
ピックアップ情報

飲み手を新たな高みへ連れて行く「アンドレ クルエ The V6 エクスペリエンス」

20231820944.jpg

20231820921.jpg

“飲み手を新たな高みへ連れて行く”「アンドレ クルエ ザ ブイシックス エクスペリエンス」

シャンパーニュ随一のピノ ノワールを誇るブージー、アンボネイから秀逸なシャンパーニュを生み出す生産者 アンドレ クルエ。古くから所有する好立地の畑で採れた葡萄は現当主ジャン フランソワ クルエの独創的な造りによって高品質なシャンパーニュへと生まれ変わります。

ゆっくりと葡萄に圧力が掛かりエグ味の少ない優しい搾汁が得られるという理由から、圧搾機は一般的に使われている丸い圧搾機ではなく長方形の木製水平プレスを好んで使います。また、搾汁は一番搾りのテート ド キュヴェのみを使います。醗酵用のタンクは「一番搾り=テート ド キュヴェ」の2050ℓに合わせて造った特注品を使用。縦長で大容量のステンレスタンクだと、温度調節装置も外側に巻いており、上部と底部の温度差が発生する為、全てをカバーできずに温度にムラが出る。発酵槽の中に調節装置を据えれば一定の温度を保ちやすい、というこだわりの理由から醗酵層を特注しています。この特注品でクリュ毎に醸造を行い、特注タンクでアルコール醗酵をスタートさせたマストは、『醗酵の初期』『醗酵中期の2段階』『醗酵の最終段階』の4段階に分けてバリック(使用樽)に移していき、最終的にバリック内で醗酵を終了させます。醗酵が終了したマストはタンクに戻し更にバリックに移して澱引きを行います。この醗酵の工程はジャン フランソワ自身が考案した方法です。「醗酵のどの段階でバリックとマストを触れさせるのが良いのか?」という事がしばしば議論されますが、ジャン フランソワは全ての段階に良さがあると考え、4段階のメリット全てを引き出す為にこの方法を行っています。

本日はザ ブイシックス エクスペリエンスのご紹介です。V 6は「Vieilli sur lattes depuis 6ans(瓶熟6年)」の意。「ピノ ノワールを主要品種とするシャンパーニュは、6年以上熟成させることにより香りや味わいの複雑性、フィネスが格段に増す」という生産者の経験から生み出された新しいキュヴェ。「飲み手を新たな高みへ連れて行く」という意味でロケットがデザインされています。

アンドレ クルエ ザ ブイシックス エクスペリエンス ブリュット NV
The V6 experience Brut /André Clouet

香りはほんのり甘く蜂蜜、桃や洋梨のコンポート、熟したチェリーを思わせる濃密なアロマが魅了する。そしてジンジャー、スパイスの香り。焼きたてのパンやナッツのニュアンスが現れる。口に含むと柔らかくエレガント。その上で重心は低く、力強いコクのある味わいが特徴。熟成が複雑さと深みを与えており芳醇で広がりのある香味、それはブランデーの様で芳しい。しっかりとした構造をもち余韻は長く持続する。

合う料理
スモークサーモン、白身魚のフリットやムニエル、牡蠣、鴨肉のローストなど。

所在地: シャンパーニュ地方 ブージー
品種: ピノ ノワール100%
タイプ: スパークリングワイン 白 辛口

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1221