ホーム>オンラインショップ>タイプと価格で選ぶ>赤ワイン>ドメーヌ ハイツ ロシャルデ ポマール プルミエ クリュ レ リュジアン 2018

ドメーヌ ハイツ ロシャルデ ポマール プルミエ クリュ レ リュジアン 2018

ドメーヌ ハイツ ロシャルデ

 

Pommard 1er Cru

Les Rugiens

/Domaine Heitz-Lochardet

 

商品コード:3838
ドメーヌ ハイツ ロシャルデ ポマール プルミエ クリュ レ リュジアン 2018

産地: フランス ブルゴーニュ地方

品質分類 原産地呼称: A.O.C.ポマール プルミエ クリュ

栽培方法: ビオディナミ

品種: ピノ ノワール100%

タイプ: 赤ワイン フルボディ

アルコール度数: 12.5%

容量: 750ml

参考小売価格:¥17,600(税込)

販売価格:¥13,440(税抜)

¥14,784(税込)

ポイント:134Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン > 10,001円以上
産地で選ぶ > フランスワイン > ブルゴーニュ 赤 & ロゼ
数量:
在庫: 4
カゴに入れる
問い合わせる

ドメーヌ ハイツ ロシャルデ ポマール プルミエ クリュ レ リュジアン 2018

醸造: 0.43haの東向きの畑。斜面下部は酸化鉄が多く上部は石が多い。全房発酵。澱を攪拌しながら12ヶ月樽熟成。ダークベリーやアニス、湿った土のようなアロマにミネラルを感じる味わい。絹の様な滑らかさと味わいのバランスに優れたワインです

テイスティング コメント

ルビーに紫のトーン。グラスに注いですぐはスパイシーなバニラやクローブ、シナモン、スモーク香。次いでブラックベリーやチェリー、プラム、ドライハーブ、ペッパー。はじめは少しおとなしいが、ひしひしと果実香が強まっていく。そして湿った土やミネラルのヒント、複雑さや深みを感じる。口に含むと濃密で、ふっくら広がるジューシーな味わい。繊細にしてしっかりとした構造を持ち、なめらかなタンニンが心地よく広がる。リッチさもあり飲み応えが十分。すぐ飲むのであれば早めの抜栓かデカンタージュがおすすめ。合わせるお料理は、鴨やラム肉のロースト、ジビエ、スパイスを効かせた肉料理など

2020年10月試飲

ドメーヌ ハイツ ロシャルデ

ドメーヌ・ハイツ・ロシャルデ
ドメーヌ・ハイツ・ロシャルデ

ワイナリーの歴史を紐解くと1857年にまで遡り、フィロキセラ害によって売りに出ていた畑をジョルジュ ロシャルデが購入した事が全ての始まりです。1983年にジョルジュの孫娘ブリジットがクリスチャン・ハイツと結婚し、ハイツ ロシャルデの名でブドウ栽培を始めました。収穫したブドウは全てボーヌのメゾン ジョセフ ドルーアンに販売していましたが、ブリジットの息子アルマン ハイツが醸造学を学び、2012年から家族が所有する畑の一部区画でブドウ栽培を始めました。

その後、ドメーヌ ハイツ ロシャルデを設立し、2013年ヴィンテージを初めてリリースしました。テロワールを最大限に引き出すため、畑ではビオディナミを実践しています。糖と酸のバランスが最大限に取れたところで収穫し、ピノ ノワール、シャルドネ双方とも全房発酵を行います。これにより複雑性や凝縮感が増すと考えています。軽くプレスした後、ほぼ濁った果汁のまま澱と共に樽で約一年間熟成させます。毎年少しずつ畑を増やしながら意欲的にワイン造りを行っており、ブルゴーニュの未来を担う若手醸造家としてジャシス ロビンソンも注目している期待の新星ワイナリーです。

関連商品