ホーム>オンラインショップ>タイプと価格で選ぶ>赤ワイン>グザヴィエ ジェラール コート ロティ 2018

グザヴィエ ジェラール コート ロティ 2018

グザヴィエ ジェラール

 

Côte-Rôtie

/Xavier Gérard

 

商品コード:3903
グザヴィエ ジェラール コート ロティ 2018

産地: フランス ローヌ地方

品質分類・原産地呼称: A.O.C.コート ロティ

栽培方法: リュット レゾネ

品種: シラー96%、ヴィオニエ4%

タイプ: 赤ワイン フルボディ

アルコール度数: 14.5%

容量: 750ml

参考小売価格:¥9,460(税込)

販売価格:¥7,200(税抜)

¥7,920(税込)

ポイント:72Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン > 6,001円~10,000円
産地で選ぶ > フランスワイン > フランス 他エリア 赤 & ロゼ
数量:
在庫: 9
カゴに入れる
問い合わせる

グザヴィエ ジェラール コート ロティ 2018

畑: 3.2ha (区画:モラール, ヴィアレール, ラ ブロッス, ラ ランドンヌ)
土壌: シスト(モラール)、マイカ シスト(その他)
熟成: 全房33-50%、バリック50%(新樽25%)、大樽(600L, 新樽15%)50%で24ヶ月

テイスティング コメント

紫がかったエッジ、濃い暗赤色。香りはたっぷりとしたカシスやブラックベリーにチェリーリキュール、スミレ、ラベンダー、オリーブのアロマ。そしてペッパーやスモーク香、ミネラルのニュアンスがアクセント。濃縮感がありピュアで、豊かさを感じる。味わいはリッチ、それでいてスタイリッシュ。厚みのある濃厚な果実味ながら、生き生きとしておりまろやかなテクスチャー。タンニンをしっかりと感じつつスムーズで、全体を包み込むようなボディ感、まとまりがある。非常にジューシーで魅力的な純度と繊細なタンニンとのバランスが素晴らしい。グザヴィエ氏によると、ここから3年後の熟成で複雑味が増すとのこと。既に美味しいので先ずは飲んでみて、次回の機会を模索するのも楽しい。合わせるお料理は、仔羊のロースト・すね肉の煮込み、ジビエ、スパイスの効かせた赤身肉料理など。

2021年5月試飲

グザヴィエ ジェラール

グザヴィエ ジェラール
グザヴィエ ジェラール

北ローヌのライジングスター!

2013年にファーストリリースするやいなやワイン アドヴォケイト誌が「傑出したワインをつくる若い造り手」と称賛!

コンドリュー村にワイナリーを構えるグザヴィエ ジェラールは1980年にピエール ジェラールによって設立された小さな家族経営のドメーヌです。2013年よりピエールの息子グザヴィエが二代目当主として指揮を執り、ドメーヌに参画したのは2004年からになります。オフシーズン毎に世界中のワイナリーを周って研鑽を積んだ彼は、オーストラリア、ニュージーランド、カリフォルニア、南アではかの有名なブーケンハーツでアシスタントワインメーカーを務め、また国内やアルザス、ブルゴーニュ各地でも修業しました。

約10年に及ぶ他ワイナリーでの経験を経て、満を持して2013VTのコート ロティを初リリースするや否や、ワイン アドヴォケイト誌で「傑出したワインを作る若い作り手」と称賛され、その後2015VTのコート ロティでは、同誌から「ドメーヌ史上最も洗練されている」や、デカンター誌の北ローヌ パネルテイスティング(マスター ソムリエやマスター オブ ワインがブラインドで行う)では最高得点のうちの一つである97点をたたき出すほどに。これ以降、国際市場での人気に火が付き世界中で引っ張りだこ、各国アロケーションが少なく、欲しくても買えない人続出という状況が続いているライジングスターとなりました。

父親から受け継いだ畑は7.8haでコンドリューとコート ロティ、サン ジョセフに広がります。コート ロティにはランドンヌやフォンジャンなど珠玉の区画を含んでおり、これらは北ローヌで最も高額かつ人気の高いギガルやジャメのコート ロティのバックボーンを作っている区画で、仮にこれがブルゴーニュだったならまず間違いなくグラン クリュに相当します。そんな区画をグザヴィエはコート ロティとして遥かに手ごろな価格でリリースしているのだから、引く手あまたになるのはごく当たり前の流れです。

畑はリュット レゾネで栽培、機械耕作ができない程傾斜が急なため全て手作業で行われます。白では大樽、赤ではステンレスタンクを使用してアルコール発酵、マロラクティック発酵を行いキュヴェ毎にバリック、デゥミ ミュイ、フードルなど樽のサイズを変えて熟成させます。テロワールとヴィンテージの個性を反映したワインを意図し、ブドウ一つ一つのポテンシャルを最大に発揮させる彼のワインはピュアな果実と美しい酸、はっきりとしたミネラルが見事なバランスで支えあっています。

「2013年から指揮を執るグザヴィエのワインはますます力をつけている」とデカンター誌から評価を受け、ジャンシス ロビンソンからは「将来有望の若手で、見逃してはいけない」とポテンシャルの高さを証明。北ローヌのライジングスターであるグザヴィエ ジェラール。2013年のファーストリリース以降、世界市場で人気を巻き起こし、愛好家をうならせるワインを世に送り出しています。今後の進化にますます目が離せない、要注目の生産者です。

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品