ホーム>オンラインショップ>タイプと価格で選ぶ>赤ワイン>ドメーヌ アントナン ギヨン ジュヴレ シャンベルタン ラ ジュスティス 2019

ドメーヌ アントナン ギヨン ジュヴレ シャンベルタン ラ ジュスティス 2019

ドメーヌ・コルディエ・ペール・エ・フィス

 

Gevrey-Chambertin

La Justice

/Domaine Antonin Guyon

 

ドメーヌ アントナン ギヨン ジュヴレ シャンベルタン ラ ジュスティス 2019
NEW
商品コード:4012
ドメーヌ アントナン ギヨン ジュヴレ シャンベルタン ラ ジュスティス 2019

産地: フランス ブルゴーニュ地方 コート ド ニュイ地区

品質分類・原産地呼称: A.O.C. ジュヴレ シャンベルタン

栽培方法: ビオロジック

品種: ピノ ノワール100%

タイプ: 赤ワイン フルボディ

アルコール度数: 13.5%

容量: 750ml

参考小売価格:¥8,800(税込)

販売価格:¥6,700(税抜)

¥7,370(税込)

ポイント:67Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン > 6,001円~10,000円
産地で選ぶ > フランスワイン > ブルゴーニュ 赤 & ロゼ
数量:
在庫: 11
カゴに入れる
問い合わせる

ドメーヌ アントナン ギヨン ジュヴレ シャンベルタン ラ ジュスティス 2019

とても日当たりの良い、2,58haを所有。土壌は粘土石灰質で、樹齢は35年。手摘みで小さいケースに収穫し、カーヴで選果を行います。木製のタンクで時間をかけて醸造。ピジャージュと温度管理。オーク樽(三分の一は新樽)にて18か月熟成の後瓶詰め。全体的に丸みがありバランスも良く、タンニンは繊細な樽の香り。このワインのリッチさは10年は寝かせることも可能。

テイスティング コメント

紫がかった濃いルビーレッド。ブルーベリーやブラックベリー、チェリーのアロマにスミレ、シナモン、微かにメントールのヒント。そしてスモーク、上品なオークの香りや大地のニュアンスを感じる。味わいはリッチかつしなやか。力強く濃厚ながらタンニンはキメ細やかでなめらかな質感を持つ。パンチの効いたエネルギッシュな果実味が特徴。伝統を重んじる造りでテロワールをしっかりと体現している。コクがありボディは中庸~フルボディタイプ。バランスの取れたフィニッシュ。合わせるお料理は、鴨肉・牛フィレのロースト、豚の角煮、ジビエ、シチューなど

2022年6月試飲

ドメーヌ アントナン ギヨン / ドミニク ギヨン

ドメーヌ アントナン ギヨン

サヴィニー レ ボーヌに本拠を置くアントナン ギヨンは、48ヘクタールのブドウ畑を耕作する大ドメーヌです。1960年代に先代のアントナン ギヨンがジュヴレ シャンベルタンからムルソーにかけて秀逸なクリマを手に入れ、70年代になると、その息子で現当主のドミニクが、オート コート ド ニュイに点在する350もの区画を80軒の農家から買い集めました。ブルゴーニュACとオート コート ド ニュイのワインはドメーヌ ドミニク ギヨン、それ以外のアペラシオンはドメーヌ アントナン ギヨンの名がラベルに冠されています。これだけ広大なブドウ畑をもちながらビオロジック栽培にも熱心で、2015年から正式に移行しました。

ワイン醸造はいたってトラディショナルです。畑と醸造所の2回にわたって選果をし、完全除梗のうえ、発酵前に10度の低温浸漬、ピジャージュ、ルモンタージュ、デレスタージュによって抽出を行います。発酵容器は古式ゆかしき木製の開放槽。熟成用の樽はフランソワ フレールとダミーを中心とし、新樽の比率は平均25パーセントです。赤は18ヶ月間の熟成を施します。また白は全房で圧搾後、小樽発酵。週に1回のバトナージュを行い、コルトン シャルルマーニュの18ヶ月は例外として、他のアペラシオンはだいたい12ヶ月の樽熟成を行います。

白はピュリニー モンラッシェの1級ピュセル、ムルソーの1級シャルム、それに特級コルトン シャルルマーニュ。赤は特級にコルトン ブレッサンド、コルトン クロ デュ ロワ、そしてシャルム シャンベルタンといった銘醸畑をもっています。

評論家受けを狙った大柄なタイプではなく、アントナン ギヨンのワインは繊細にしてエレガント。料理と寄り添う、伝統的なスタイルを貫いています。

 

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品