ホーム>オンラインショップ>タイプと価格で選ぶ>赤ワイン>アッツェイ サーラガト カンノナウ ディ サルデーニャ 2020

アッツェイ サーラガト カンノナウ ディ サルデーニャ 2020

ファンティーニ グループ(ファルネーゼ)

 

Saragat

Cannonau Di Sardegna

/Atzei

ファンティーニ グループ(ファルネーゼ)

 

NEW
商品コード:4092
アッツェイ サーラガト カンノナウ ディ サルデーニャ 2020

産地: イタリア サルデーニャ

品質分類・原産地呼称: D.O.C.

品種: カンノナウ(グルナッシュ)

タイプ: 赤ワイン ミディアム~フルボディ

アルコール度数: 13.5%

容量: 750ml

参考小売価格:¥2,530(税込)

販売価格:¥1,955(税抜)

¥2,150(税込)

ポイント:19Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン > 2,001円~4,000円
産地で選ぶ > イタリアワイン > 赤 & ロゼ
数量:
在庫: 3
カゴに入れる
問い合わせる

アッツェイ サーラガト カンノナウ ディ サルデーニャ 2020

カンノナウはグルナッシュのシノニムです。畑はオリスターノ県モーゴロとその周辺に位置しています。土壌は石灰岩の上を砂が覆っています。手摘みで収穫した葡萄をステンレスタンクに入れ、26度~28度に温度コントロールしながら約15日間、発酵させます。発酵後、短期間ステンレスタンクで熟成させます。カンノナウは実が小さく、種は比較的大きいため、豊かなタンニンがあります。そのためワインが力強くなりすぎないよう、ポンピングオーバーは最小限にし、注意深く抽出を行うようにしています

テイスティング コメント

艶のあるルビーレッド。ブラックチェリーやブラックベリー、プラムなどの果実香にスミレ、ドライフラワー、特徴的なハーブの香りがアクセント。そしてスパイスのニュアンス、ほのかにドライフルーツの香り。味わいはスムーズでまろやか。溶け込んだタンニンと調和のとれた綺麗な酸味、熟した風味にもエレガントで口当たりがいい。ミディアムからフルボディ。バランスの良い仕上がりで、すいすいと杯が弾む。

合う料理 野菜炒め、肉料理、餃子、パエリア、お好み焼き、ラタトゥイユなど。

2022年11月試飲

ファンティーニ グループ(ファルネーゼ)

アッツェイ ファンティーニ グループ(ファルネーゼ)
アッツェイ ファンティーニ グループ(ファルネーゼ)

アブルッツォを本拠地とするファンティーニ グループ(ファルネーゼ)は、1994年の設立からわずか10年足らずの短い間でイタリアのトップ生産者へと成長、その後も意欲的にシチリア、プーリア、バジリカータ、カンパーニャに進出し、様々なワインを生み出し、そのコストパフォーマンスの高さで、国際的にも高い評価を獲得しています。さらに数年前にトスカーナでもワイン造りをスタートさせました。

そのファンティーニ グループが、数年間にわたるリサーチを重ねた後、満を持してサルデーニャ島でのワイン造りを始めました。グループの社長であるヴァレンティーノ ショッティは、彼がまだ社会人になりたての頃、仕事でサルデーニャ島を訪れ、この土地の風土、文化、そしてワインに魅了されました。それ以来、長年にわたりサルデーニャでのワイン造りへ思いを馳せていましたが、ついにその夢がかなったのです。「アッツェイ」のプロジェクトを始めるにあたり、サルデーニャ島の中西部、オリスターノ県のモーゴロの地を選びました。この場所では豊かな歴史、ワイン造りの長い伝統を持ち、サルデーニャを代表する品種、ヴェルメンティーノ、モニカ、カンノナウが中心に栽培されています。

ファンティーニの哲学を反映したワイン造り

この地でのワイン造りでもファンティーニの高い品質を得るための哲学が反映されています。畑のことを最も良く知る小規模な栽培農家が手塩にかけて造った葡萄を買い取り、高い品質を確保しています。1軒の栽培農家の畑の所有面積は1ヘクタール以下です。栽培農家とはキロ単位ではなく、畑面積に対して契約をするため、農家は収入が減る心配をせずに思い切った収量制限を行うことができます。また、不作の年であっても面積に対して契約しているため、安定した収入が保障されることは農家にとって喜ばしいことです。こうして優れた畑の葡萄から、ファルネーゼの真骨頂である豊かな果実味にあふれ、品種や土地の個性が表現されたワインを造り出しています。

サルデーニャ島ならではの自然環境

アッツェイでは、契約している畑をひとつのエリアでまとめるのではなく、それぞれが出来るだけ離れた違うロケーションに持つようにしています。同じ葡萄品種であっても、植える場所によって性格が異なります。また、1つの品種だけではなく、異なる品種を植えることでバリエーションが生まれます。これが、ワインに複雑性をもたらすために非常に大切だと考えています。また、土壌には砂が多いことが特徴的です。サルデーニャの気候は暖かく、雨もほとんど降りません。砂質土壌は、雨が降った時に、少しの湿度を保ちながら葡萄に水分を供給できます。また、このような砂地はフィロキセラにも耐性があるため、葡萄の根はアメリカ産の台木に接いでいません。アメリカの台木に接ぎ木すると、葡萄の寿命が短くなると言われています。サルデーニャには、樹齢50~80年といった古い葡萄樹がまだ多く残っています。

葡萄樹は、砂漠のサボテンのように、雨がほとんど降らないような環境でも生き延びるためのすべを身に着けています。少ない水分で成長できるように適応してきました。イタリアは近年とても暑く、アブルッツォも35度になる日が2ヶ月ほど続きました。アブルッツォの葡萄はこのストレスから熟すのが遅くなってしまいました。実を成熟させるために栄養を使ってしまうと、葡萄樹自身が生きられないと判断したためです。しかしサルデーニャは、アブルッツォより常に気温が高いのにも関わらず、長い年月をかけて葡萄が適応してきたため通常通りに実が成熟します。また、夜には気温が下がり、10度程度の昼夜の寒暖差が生まれます。

死火山モンテ アルチに由来する特別な土壌

一部の畑は死火山のモンテ アルチ(Monte Arci)に由来する黒曜石が多く含まれています。黒曜石はこのエリアで良く見られる火山石で宝石にも使われています。かつてモンテ アルチが噴火した際、流れた溶岩が変化して黒曜石が出来ました。アッツェイの畑は黒曜石が多く含まれ、火打石も見受けられます。火山に由来する土壌には、リン、カリウム、マグネシウムが豊富に含まれており、複雑なワインを造るのに適した栄養をブドウの木に与えます。

評価

辛口評価で知られる「ルカ マローニ ベストワイン年鑑」にて2005、2006、2007年度版と3年連続、また2012、2013、2015、2016、2017、2019年度版でも、2,500以上の生産者の中からイタリアのナンバーワンに選ばれている実力派生産者です。

栽培

グループのワインは、基本的にオーガニックの認証を得られるような方法で栽培しています。(認証を得ているものは、一部のみ)

アッツェイ ファンティーニ グループ(ファルネーゼ)
アッツェイ ファンティーニ グループ(ファルネーゼ)

 

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています