ホーム>オンラインショップ>産地で選ぶ>フランスワイン>ボルドー>シャトー・ヴィニョル・ブラン アントル・ドゥー・メール 2017

シャトー・ヴィニョル・ブラン アントル・ドゥー・メール 2017

シャトー・ヴィニョル

 

Château Vignol Blanc

アントル・ドゥー・メール

 

シャトー・ヴィニョル・ブラン アントル・ドゥー・メール 2017
商品コード:2176
シャトー・ヴィニョル・ブラン アントル・ドゥー・メール 2017

産地:フランス ボルドー地方

品質分類・原産地呼称:A.O.P.アントル・ドゥー・メール

品種:ソーヴィニヨン・ブラン主体、ソーヴィニヨン・グリ、セミヨン、ミュスカデル

タイプ:白ワイン 辛口

アルコール度数:12.5%

容量:750ml

参考小売価格:¥2,592(税込)

販売価格:¥2,000(税抜)

¥2,160(税込)

ポイント:20Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 白ワイン
タイプと価格で選ぶ > 白ワイン > 2,000円以下
産地で選ぶ > フランスワイン > ボルドー
産地で選ぶ > フランスワイン > ボルドー > ボルドー その他 白
数量:
在庫: 10
カゴに入れる
問い合わせる

シャトー・ヴィニョル・ブラン アントル・ドゥー・メール 2017

テイスティング・コメント

輝きのある麦わら色。粘性は中程度。香りにはピーチやマンゴー、洋梨やリンゴのコンポート、柑橘類、白や黄色い花、爽やかなミント、トマトの葉、アスパラガスのアロマ。鉱物的なミネラルのニュアンスをアクセントに華やかでフルーティーな芳香が鼻腔をくすぐる。アタックは爽やかでクリスピーな飲み口。果実味は凝縮度が高く、トロピカルフルーツにグレープフルーツやライムなどの柑橘類、ハーブの風味が混ざり合う。ミネラリーで生き生きとした酸が味わいを支えており、若々しく爽やかな印象。旨み・程々にボディ感を備えておりジューシーさとほろ苦さが絶妙、スッキリとしたフィニッシュ。後にはグレープフルーツの皮やミネラルのようなほろ苦さと酸の余韻が心地よい。前菜はもちろん、魚介類を中心としたお料理、和食全般にオススメ。

2015年7月試飲(2014年ヴィンテージ)

シャトー・ヴィニョル・ブラン アントル・ドゥー・メール

シャトー・ヴィニョル

当主は、ベルナール・ドゥブル氏。96年より二人のご子息、ジャン・トマとアレクサンダーがワイン造りに参加。本拠地はアントル・ドゥー・メールの中心部、Saint Quentin de Baron。中世から100年以上続くシャトーで、哲学者・政治思想家のモンテスキューが所有していたこともあるという、由緒あるシャトーです。

フランスAOCワイン事典(発行者 株式会社 三省堂)より抜粋

■A.O.C.アントル・ドゥー・メール

フランス南西部のジロンド県に広がるボルドー地方のなかで、ドルドーニュ河とガロンヌ河に挟まれた三角形の地帯をアントル・ドゥー・メール地区と呼ぶ。2つの大河に囲まれているため、フランス語で「2つの海の間」という意味の名称が付けられている。

ドルドーニュ河はフランスの中央山塊地帯、オーヴェルニュ(Auvergne)地方を水源とする河で、全長は約500kmである。ガロンヌ河はスペイン国境のピレネー山脈から流れる647kmの大河である。この2本の河が、ボルドー市の北で合流してジロンド河となり、大西洋のビスケー湾に注ぐ。どちらの河も大西洋から押し寄せる「潮津波」という世界的に珍しい現象が起こるため、サーフィンやジェットスキーができることでも有名である。

AOCアントル・ドゥー・メールは、ソーヴィニヨン種を主体とした辛口の白ワインのみに認められたアペラシオンで、この地区で造られる赤にはAOCボルドー、AOCボルドー・シュペリウールのアペラシオンが適用される。カジュアルに楽しめる爽やかな白は、大西洋で採れる海産物によく合う。ボルドー市の南西約55kmに砂丘で有名なアルカション(Arcachon)という大西洋沿岸のリゾート地があるが、この町の特産物の牡蠣との相性もよい。

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています