ホーム>オンラインショップ>産地で選ぶ>フランスワイン>ボルドー>シャトー・ギロー 1998 375ml 極甘口

シャトー・ギロー 1998 375ml 極甘口

シャトー・ギロー

 

Château Guiraud 375ml

ソーテルヌ&バルサック格付け第1級

 

シャトー・ギロー 1998 375ml 極甘口
商品コード:2315
シャトー・ギロー 1998 375ml 極甘口

【産地】フランス ボルドー地方 ソーテルヌ地区

【品質分類・原産地呼称】A.O.C.ソーテルヌ

【品種】セミヨン65%、ソーヴィニヨン・ブラン35%

【タイプ】白ワイン 極甘口

【アルコール度数】14%

【容量】375ml

参考小売価格:¥6,156(税込)

販売価格:¥4,788(税抜)

¥5,171(税込)

ポイント:47Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 白ワイン
タイプと価格で選ぶ > 白ワイン > 4,001円~6,000円
タイプと価格で選ぶ > 甘口ワイン 発泡も含む
産地で選ぶ > フランスワイン > ボルドー
産地で選ぶ > フランスワイン > ボルドー > ソーテルヌ
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

シャトー・ギロー 1998 375ml 極甘口

【テイスティング・コメント】

【極甘口】 重厚な輝きを放つ琥珀色。粘性は中程度より高め。グラスに注いですぐに芳醇で魅惑的なアロマが鼻腔をくすぐる。砂糖漬けのアプリコットやマンゴー、パイン、マーマレードジャム、蜂蜜、レモンティー…、ふんわりとやさしいバニラやカラメルの香りが混じり合うそれはクレームブリュレを思わせる。口に含むとトロリとしたオイリーな舌触りで、濃密な果実味が瞬く間に口中を満たす。テクスチャーのあるボディを持ち、広がりが豊か。凝縮した甘さにもほんのりとビターさを兼ね備え、アフターにかけて程よく引き締める。16年の歳月を経るも未だ瑞々しく酸とのバランスが素晴らしい。余韻は長く、甘さが重く残らないエレガントな後味。

 

■シャトー・ギロー

シャトー・ギロー
シャトー・ギロー

1766年にギロー家が取得して以来品質の向上が始まり、1855年の格付では見事1級に輝きました。その後オーナーの交代は何度かありましたが、ギローが劇的に変わるタイミングとなったのは1983年、グザヴィエ・プランティ氏が支配人に就任した時です。氏の指導の下、大改革が行われた『シャトー・ギロー』は厳しい選果を行い熟した果実のみを収穫することで、めざましい発展を遂げてきました。酸化防止剤(SO2)の使用も最小限に抑え補糖も禁止するなど、自然に近い造りを心がけ最高品質のソーテルヌ・ワインを生産しています。

ロバート・パーカー氏も『グザヴィエ・プランティのおかげで、今このシャトーは絶頂期にある』と評価しています。2006年にプジョー・シトロエンのロベール・プジョー氏、ドメーヌ・ド・シュヴァリエのオリヴィエ・ベルナール氏、カノン・ラ・ギャフリエールのステファン・フォン・ナイペルグ氏、ギロー支配人のグザヴィエ・プランティ氏による共同所有となりました。

格付1級シャトーで初!の有機認証を獲得したシャトー

1855年にメドックとソーテルヌで1級に格付されたシャトーの中で初にして唯一(2012年現在)の有機認証を取得したシャトー・ギロー。25年にも及ぶ環境保全のための栽培の結果、行き着いた結論です。2008年から転換中となり、2011年に正式認証されました(2011年が有機認証としての初ヴィンテージ)。厳しい選果のうえ熟したブドウのみを収穫しています。

講談社「BORDEAUX ボルドー 第4版」ロバート・パーカーJr.著より抜粋

ギローはソーテルヌ地区最大のシャトーの1つで、120ha近くも広さがあり、そのうち84haにブドウの樹が植えられている。面白いのは、このシャトーがボルドー・シュペリュールのアペラシオンの赤ワインと、「G」と呼ばれる辛口の白ワインをつくっていることだ。

ギローの甘口ワインは変貌を遂げている。1981年に野心的なカナダ人、ハミルトン・ナービイがこのシャトーを買い取り、ディケムのように一粒一粒ブドウを摘むことや、樽醗酵や新樽で長期熟成と言った手法をギローでも採用すると大胆に誓った。その結果、ボルドー・ワインのファン、とりわけネクター愛好家はギローの様子に大きな興味を示し、ナービイの管理人、グザヴィエ・プランティにナーヴイの夢をかなえるだけの才能があることを期待した。

ギローで最も驚くべきことは、ソーヴィニヨン・ブランのブレンド比率が高い(35%)割には、ワインがとてもリッチなことだ。新樽の使用や遅い収穫とともに、畑に何度にもわたってブドウを摘みに出ることにより、いちばん熟したソーヴィニヨン・ブランだけが確実に収穫されるようになったおかげであることは間違いない。それにしてもなぜ、ソーヴイニョン・ブランを多く使ってこれほどの強烈さがあるのか不思議な気がする。1983年以降のヴィンテージはことに強く、ギローはバルサック/ソーテルヌ地域で現在つくられているワインのトップ6に入ることもしばしばだ。

■1998の評価 91点 このヴィンテージで最も成功したワインの1つである1998年のギロー(セミヨン65%、ソーヴィニヨン・ブラン35%。生産量は巨大で1万2000ケース)は、非常に酸が弱く、極めて強烈で、大量の貴腐、注目に値するスイカズラ、ジャムにしたような、パイナップルやトロピカルフルーツの趣のほか、いくらかエスプレッソやカラメルも感じさせる。新鮮さは良好だが、最初の15年ほどで飲みたい。最終試飲年月2002年12月

シャトー・ギロー
シャトー・ギロー

 

関連商品