ホーム>オンラインショップ>産地で選ぶ>その他の国のワイン>ブリュンデルマイヤー グリューナー・ヴェルトリーナー カンプターラー・テラッセン 2019

ブリュンデルマイヤー グリューナー・ヴェルトリーナー カンプターラー・テラッセン 2019

ブリュンデルマイヤー

 

Grüner Veltliner

Kamptal Terrassen

/Weingut Bründlmayer

 

※ギフト化粧箱をご利用になられる際は【ギフト化粧箱(布張り)】をご選択ください。

こちらの商品は通常のボトルよりも背丈が高くなっております。

スタンダードのギフト化粧箱には対応しておりませんのでご注意ください。

 

ブリュンデルマイヤー グリューナー・ヴェルトリーナー カンプターラー・テラッセン 2019
商品コード:2968
ブリュンデルマイヤー グリューナー・ヴェルトリーナー カンプターラー・テラッセン 2019

産地: オーストリア カンプタール・ランゲンロイス

品質分類 原産地呼称: カンプタール D.A.C.

栽培方法: 有機栽培

品種: グリューナー・ヴェルトリーナー100%

タイプ: 白ワイン 辛口

アルコール度数: 12.5%

容量: 750ml

【仕様】スクリューキャップ

参考小売価格:¥3,520(税込)

販売価格:¥2,720(税抜)

¥2,992(税込)

ポイント:27Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 白ワイン
タイプと価格で選ぶ > 白ワイン > 2,001円~4,000円
産地で選ぶ > その他の国のワイン
数量:
在庫: 4
カゴに入れる
問い合わせる

ブリュンデルマイヤー グリューナー・ヴェルトリーナー カンプターラー・テラッセン 2019

カンプターラー・テラッセンは「カンプ谷の段々畑」の意味で、ここには比較的樹齢の若い樹が植えられています。異なる畑から収穫したブドウをブレンドしたワインで、高いテラスの畑は石の多い土壌でワインにミネラル感を与え、長熟のポテンシャルを与えます。低い位置にある畑は肥沃な黄土質土壌で、この畑から採れたブドウはワインを早い時期に熟成させ、また表現豊かにさせます。

テイスティング・コメント

グリーンがかったレモンイエロー。粘性は中程度。香りには新鮮なライムやレモンなどの柑橘類、リンゴ、白い花、ハーブ、ホワイトペッパー、そしてイーストや砕石、蜜蝋、ミネラルのノートが混じり合う。はっきりとした果実のアロマが広がり、洗練された趣。アタックは爽やかで瑞々しく、果実味とミネラル感に溢れる。ピチピチと弾けるような快活なスタイルで極めて高い純度と透明感が感じられ、味わいは鮮明かつフルーティー。キレのよさを身上とした辛口に仕上がっており、キリリと引き締まった酸の余韻が心地よい。一貫してエレガントなつくりで、フィニッシュはスッキリとしている。合わせるお料理は繊細な食材を使った和食、魚介料理、寿司、ローストチキン、アジア系スパイス料理など。

2017年4月試飲(2015年ヴィンテージ)

ブリュンデルマイヤー

ブリュンデルマイヤー
ブリュンデルマイヤー

『ワインプロフェッサー』の異名を取り、研究熱心な事で知られる ヴィリー・ブリュンデルマイヤー氏は、若い頃フランスで修行を重ね、最新の醸造技術を学びました。収得した剪定法やリラ方式(オーストリアでは初めての方法、一本の葡萄樹をY字型に上方に伸ばす事で光と空気の通りをよくし高品質の葡萄を育てる)と呼ばれる葡萄栽培法、無農薬栽培を実践。セラーでは制限的な醸造を行ない最近の傾向としては、ボディのしっかりとした凝縮感のあるワインを造りだしています。

ヴィリー・ブリュンデルマイヤーは、今日あらゆる面においてオーストリアのワインシーンにおけるリーダー的存在になっており、葡萄畑とセラーにおける妥協のない品質追求により、世界で競争可能なトップクオリティーのワインを生産することが可能であることを証明しています。

ワイングート・ブリュンデルマイヤーにおける中核はブドウ畑

ブリュンデルマイヤーが所有するブドウ畑のほとんどはテラス状で、車が通れるところから離れた場所にあります。土壌そして局地気候の条件は畑によって実に様々です。ブドウ畑では、緑肥、牛フンそして植物の廃棄物のコンポストといった有機肥料しか使っていません。天然資源である土、太陽、水、植物を単純にそして賢く使っています。人は仕えそして改良はしますが、前面に出るようなことはしません。疲弊したブドウ畑は、木を伐採して根を掘り起こし、新たに若木を植えるまでに、土壌の体力を回復させるために5年間は利用しません。ブドウ畑の周囲には小さな水場を造り、これによって浸食を防ぎ局地気候を改善します。化学除草剤は一切使っていません。

最も重要なブドウの品種:グリューナー・フェルトリーナー

ワイナリーの中で最も重要なブドウの品種と言えば、ランゲロイス周辺で採れるグリューナー・フェルトリーナーです。もともとは方言で「マウハーツレーベ」と呼ばれ、ヴァルトフィアテルの端の山の背、南傾斜地にランゲロイスとゼービングが位置するマンハーツベルクの周囲で生息していたブドウから由来しています。飲みやすい「軽くて辛口」なものから、ケーファベルクあるいはラムといった非常に複雑で長熟なものまで、グリューナー・フェルトリーナーは実に様々な性格を持っています。他のどの品種のブドウよりも、畑の個性がはっきり表れるワインです。世界ソムリエコンクールで優勝しているフランス人のオリビエ・プシエは「ラムは、信じられないほどの厚みとフレッシュさを持ったパーフェクトに醸造されたワイン。ヴィリー・ブリュンデルマイヤーはおそらくオーストリアで一番のグリューナー・フェルトリーナーを育てている!」と語っています。

ブリュンデルマイヤー
ブリュンデルマイヤー

 

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品