ホーム>オンラインショップ>タイプと価格で選ぶ>赤ワイン>ヴァンサン・ジラルダン ヴォルネイ プルミエ・クリュ サントノ 2012

ヴァンサン・ジラルダン ヴォルネイ プルミエ・クリュ サントノ 2012

ヴァンサン・ジラルダン

 

Volnay 1er Cru

Santenots

/Vincent Girardin

 

ヴァンサン・ジラルダン ヴォルネイ プルミエ・クリュ サントノ 2012
商品コード:2976
ヴァンサン・ジラルダン ヴォルネイ プルミエ・クリュ サントノ 2012

【産地】フランス ブルゴーニュ地方 コート・ド・ボーヌ地区

【品質分類・原産地呼称】A.O.C.ヴォルネイ プルミエ・クリュ

【栽培方法】ビオディナミ/一部リュット・レゾネ

【品種】ピノ・ノワール100%

【タイプ】赤ワイン フルボディ

【アルコール度数】13.5%

【容量】750ml

参考小売価格:¥10,800(税込)

販売価格:¥8,400(税抜)

¥9,072(税込)

ポイント:84Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン > 6,001円~10,000円
産地で選ぶ > フランスワイン > ブルゴーニュ 赤 & ロゼ
数量:
在庫: 2
カゴに入れる
問い合わせる

ヴァンサン・ジラルダン ヴォルネイ プルミエ・クリュ サントノ 2012

土壌はヴォルネイに比べ粘土分がかなり多く、そのためボディが大きく豊かな質感を持ったワインが出来ます。サントノは、ヴォルネイのプルミエ・クリュの中で常に最高の評価を得ています。平均樹齢65年。収穫量は40hl/haです。葡萄は収穫時と選果テーブルを使っての2回選別します。一部を除梗し、温度管理されたステンレスタンクへ入れます。天然酵母を使い、3週間発酵します。ポンピング・オーバーし、果帽をソフトに突き崩します。柔らかく圧搾し、フレンチオークの樽(20%新樽)で、澱と共に14ヶ月以上熟成します。月のカレンダーの果実の日に濾過も清澄もせず、瓶詰めします。

【テイスティング・コメント】

赤紫を帯びた濃い目のルビー。粘性は高め。香りには完熟したラズベリーやブラックチェリー、プルーン、野バラ、スミレ、ドライハーブ。コンポートのような凝縮感と華やかな芳香をもち、樽由来の芳しい香りがアクセント。樽香にはバニラやシナモン、クローブ、白檀の香り。さらにはカカオ、茸、下草、湿った土のニュアンスが加わり複雑さと奥行が増す。アタックはなめらかでふくよか。ボディが大きく広がりがあり、ジューシーな果実味に溢れている。純粋かつ力強い質感は果肉とまではいかないまでも、もぎたての果実をほうばっているかのよう。タンニンは豊富だがキメ細かく、豊かな酸とともに溶けあっており味わいに深みを与える。熟していて親しみやすい味わい。包み込むような温もりが感じられ、同時にフィネスが備わっている。合わせるお料理は、牛や鴨肉のロースト、鶏肉の照り焼き、ジビエ、しゃぶしゃぶの胡麻だれ、ベーコンとアスパラ、ジャガイモのオリーブオイル炒めなど。

※2017年4月試飲

 

■ヴァンサン・ジラルダン

ヴァンサン・ジラルダン
ヴァンサン・ジラルダン

ジラルダンは良いワインを造るためには良い葡萄が必要で、良い葡萄を育てるためには畑でたくさん作業をしなくてはならないと考えています。ワイン造りの哲学は、『畑はなるべく手を加え、醸造は出来るだけ自然に。』です。農薬は使わず、畑を深く掘ります。すべての葡萄は年間通して厳格で正しい畑での仕事を重視して、選定、選別を行います。

畑での作業の特徴

1.農薬を使わないので葉が健全。
2.葡萄にストレスをかけず、土中の微生物を活性化するために、土を柔らかくしている。
3.1本の樹に8房以上付けさせない。
4.平地のサントネは売却し、斜面だけ残した。等々。

また、10~15年前から、肥料にオーガニックのコンポスト(牛など動物の糞、葡萄の皮、剪定した木の枝)を使用しています。2007年からビオディナミに転換しました。ヴァンサンが考えるビオディナミとは、昔の人々が行っていたやり方に戻すという考えですが、ブルゴーニュの天候の問題で、完全なビオディナミでは不便な点もあるため、2011年より公にはビオディナミからインテグレーテッド・ヴィティカルチャー(Integrated Viticulture)へ移行しました。年間通してビオディナミの精神に基づいて、畑でより多くの仕事をしていますが、必要に迫られたら最小限の処置として極少量の農薬を使うこともあります。醸造には、ムーンカレンダーを使っています。

一方、ワイナリーの設備はモダンにしています。畑は昔同様の人の手間をかける一方、醸造ではしっかりとした温度管理のできる完璧な近代設備を持つワイナリーが、温暖化していく中で、今後とても重要であると考えています。収穫は全てセレクトして手摘みにします。

醸造

白ワインは、空気圧プレスで少し破砕。14度で6~8時間かけて澱下げします。20度で、残した澱と共に天然酵母でゆっくり醗酵させます。マロラクティック醗酵は3~4ヶ月間。15~30%新樽を使い、15~20ヶ月間熟成します。清澄して、軽くフィルターを通します。

赤ワインは、天候に合わせて除梗します。ステンレスタンクで醗酵。複雑さを求めるため、ピジャージュでなく、手で果帽を割ってルモンタージュを1日2回行います。14日間醗酵し、フリーランとプレスジュースを合わせ、500Lの樽で最大16ヶ月間熟成します。新樽は30~60%。清澄もろ過もしません。ジラルダンでは、樹齢50年以上の葡萄樹を使っているワインについてヴィエイユ・ヴィーニュの表記をしています(グラン・クリュは2009年よりV.V.の表示を付けません)。

2012年、跡継ぎと健康上の理由から、ボーヌのネゴシアンに会社を売却しましたがジラルダンもエリックも残るため、品質に変更はありません。

「ワイン・バイヤーズ・ガイド ブルゴーニュ」に掲載

ブルゴーニュにヴァンサン・ジラルダンあり!

「私はこれほど手頃な価格で、幅広く傑出したワインを届けることの出来るブルゴーニュの生産者やネゴシアンをほかに知らない。ジラルダンはまた、ジュヴレ=シャンベルタンのベルナール・デュガと同じように、自分のワインの品質をさらによくするために熱心に働いている。しかも、ジラルダンと妻のヴェロニクは非常に若いので、私たちは、このドメーヌとネゴシアンがつくり出す崇高なワインを、あと何年にもわたって楽しみにすることができる。もし読者がブルゴーニュの赤を愛するのであれば、のんびりと歩いている場合ではない。走ってワイン商のもとに駆けつけ、この目のくらむばかりのワインを購入しよう。」~ロバート・パーカー著 「ワイン・バイヤーズ・ガイド ブルゴーニュ」より~

ヴァンサン・ジラルダン
ヴァンサン・ジラルダン

 

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品