ホーム>オンラインショップ>タイプと価格で選ぶ>赤ワイン>シャペル・ド・ポタンサック 2015

シャペル・ド・ポタンサック 2015

シャペル・ド・ポタンサック

 

Chapelle de Potensac

シャトー・ポタンサックのセカンド・ラベル

 

シャペル・ド・ポタンサック 2015
商品コード:3001
シャペル・ド・ポタンサック 2015

産地: ボルドー地方 メドック地区

品質分類・原産地呼称: AOC.メドック

品種: メルロ主体、カベルネ・ソーヴィニヨン、他

タイプ: 赤ワイン フルボディ

アルコール度数: 13.5%

容量: 750ml

参考小売価格:¥3,300(税込)

販売価格:¥2,520(税抜)

¥2,772(税込)

ポイント:25Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン > 2,001円~4,000円
産地で選ぶ > フランスワイン > ボルドー
産地で選ぶ > フランスワイン > ボルドー > メドック/オー・メドック
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

シャペル・ド・ポタンサック 2015

テイスティング・コメント

赤紫がかった深いルビー。粘性は中程度より高め。香りにはプラムやブラックチェリーのコンポート、ローリエ、ブラックペッパー、樽からくるバニラやタバコ、スモーキーなオークのノート。鉱物的なミネラルのニュアンスとともに品の良い趣があり、カカオや茸、タールといった複雑なブーケが続く。アタックはなめらかで濃縮した果実感、高い純度が感じられキメ細かなタンニンが絡み合う。瑞々しく適度に酸味もあり、かちっとした骨格と渋味とのバランスがよい。それぞれの要素が綺麗に溶け込む、継ぎ目のないシルキーなテクスチャー、フルボディながらエレガントに仕上がっている。合わせるお料理は、牛やラム肉のロースト、ビーフシチュー、すき焼き、焼き肉、コクのあるチーズなど。

2017年6月試飲(2009年ヴィンテージ)

シャトー・ポタンサック/シャペル・ド・ポタンサック

シャペル・ド・ポタンサック

シャペル・ド・ポタンサックは、銘醸レオヴィル・ラス・カーズやポムロールのヌナンのオーナーである“ドロン家”がメドックで所有するシャトー、ポタンサックのセカンド・ラベルです。ポタンサックは2003年に行われたブルジョワクラスの見直しにて、ブルジョワ・エクセプショネルに格上げされておりメドック格付けシャトー並の品質があると高く評価されています。

シャトー・ポタンサック

講談社「BORDEAUX ボルドー 第4版」ロバート・パーカーJr.著より抜粋

1970年代半ばから、ボタンサックは、ミシェル・ドロンと(2000年からは)その息子ジャン=ユベール(サン=ジュリアンの名高いレオヴイル=ラス・カーズとポムロールのヌナンの所有者でもある)のひらめきある力強い指導力のもとで、明らかに格付けワイン並みの品質のワインをつくり上げてきた。この広大な畑は、サン・ティザンの近くに位置し、メドックのこの地区に見られる品質のレベルをはるかに超えたワインを産出しており、これはドロン家の人々とメートル・ド・シェ(醸造責任者)ミシェル・ロランの努力の腸物である。

ここのワインは、ドロンのワインの特徴である豊かさと、カシスとペリーのような個性を持ち、優れた骨組みがあり、すばらしい純粋さと、バランス、そして驚異的な熟成の可能性を示している。メドック北部のこの地域がこのような品質のワインを生産することはまれだが、ドロン家は一貫して、ポタンサックでこれをやり遂げている。

ドロンはまた、ポタンサックのセカンド・ラベルに相当する一群の畑をほかに所有している。数年前までポタンサックはいくぶん通向けのワインだったが、もはやそうではない。だが、このワインは、熱心なボルドーの愛好家なら試さなければおかしいとさえ言える、高品質なワインである。探すべきヴィンテージには、2001年、2000年、1998年、1996年、1995年などがある。

 

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品