ホーム>オンラインショップ>タイプと価格で選ぶ>赤ワイン>ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ リラック・ルージュ ラ・レイヌ・デ・ボワ 2014

ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ リラック・ルージュ ラ・レイヌ・デ・ボワ 2014

ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ

 

Lirac Rouge

La Reine des Bois

/Domaine de la Mordorée

 

ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ リラック・ルージュ ラ・レイヌ・デ・ボワ 2014
NEW
商品コード:3106
ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ リラック・ルージュ ラ・レイヌ・デ・ボワ 2014

【産地】フランス ローヌ地方

【品質分類・原産地呼称】A.O.C. リラック

【栽培方法】ビオロジック

【品種】シラー、グルナッシュ、ムールヴェードル

【タイプ】赤ワイン フルボディ

【アルコール度数】15%

【容量】750ml

参考小売価格:¥4,860(税込)

販売価格:¥3,780(税抜)

¥4,082(税込)

ポイント:37Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン > 2,001円~4,000円
産地で選ぶ > フランスワイン > フランス 他エリア 赤 & ロゼ
数量:
在庫: 6
カゴに入れる
問い合わせる

ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ リラック・ルージュ ラ・レイヌ・デ・ボワ 2014

クリストフの1番のお気に入りは、実はこのワインです。このアペラシオン最上のワインと言えるモルドレのリラック・レイヌ・デ・ボワは、古い樹齢の区画の葡萄を使っています。小石混じりの、粘土質白亜、粘土質石灰岩土壌です。手摘みで収穫し、100%除梗します。温度管理の下30日の発酵と長い醸しをします。少なくとも2種以上の品種を混醸し、グルナッシュはシラーと、ムールヴェードルは遅摘みのシラーと混醸することで複雑さが出ます。ムールヴェードルとシラーは樽熟、グルナッシュは少しだけ樽熟します。

★評価
2014VT ワイン・アドヴォケイト:93点獲得!

【テイスティング・コメント】

紫がかった深いルビー。粘性は高め。香りにはプラムやブラックベリー、カシスリキュールなどの凝縮した果実香にラベンダー、リコリス、ハーブ、ブラックペッパーやクローブなどのスパイスのノート。そして軽いロースト香、バニラやコーヒー、香木の香り、紅茶、なめし革、砕いた岩のニュアンス。複雑性がありミネラルが洗練さを与えている。アタックはなめらかで継ぎ目のないシルキーな舌触り。艶っぽさ、質感がありキメ細かなタンニンが酸とともに綺麗に溶け込んでいる。純粋にして見事なまでの構造化。ふくよかな果実味が充実し味わいはリッチで、ボリューム感が楽しめる。ミネラルを含んでおり過熟感のないエレガントな仕上がり。口当たりがスムーズで、長く続く余韻を持つ。品質としてはかなりの上級レベル、あのシャトーヌフ・デュ・パプを彷彿とさせる。合わせるお料理は、グリルした肉料理や牛ステーキ、仔羊の煮込み、鶏肉の赤ワイン煮、ジビエ、すき焼きなど。チーズであればウォッシュタイプがおすすめ。

※2017年10月試飲

 

■ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ

ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ
ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ

コート・デュ・ローヌ南部のスーパースター、クリストフ・デロルムは、ローヌ河右岸のタヴェルで最も注目されている生産者のひとりです。1987年に父親のフランシス・デロルムによって設立されたのですが、それ以前はフランシスとともに、原子力発電所の防護服を作る仕事をしていました。ある時、フランシスに、「ワインを造りたいか?」と聞かれて、クリストフは「私は自然が好きだし、土が好きだからやってみたい!」と言ったそうです。1989年に父親が交通事故にあって以来、クリストフが中心となって、タヴェル・ロゼ、シャトーヌフ・デュ・パプ、リラック、コート・デュ・ローヌなどの見事なワインを産出しています。感性でワイン造りをしており、マニュアルは一切無く、ヴィンテージ毎に醸造方法は異なります。

現在63haで栽培していますが、10ha借りている畑があり、‘11年からは自社畑100%にする予定です。シャトーヌフとタヴェルの古い樹齢の畑は、馬を使って耕しています。機械では根を傷つけてしまう可能性がありますが、馬はデリケートに扱うことが出来ます。クリストフ・デロルムは、僅か10年そこそこで一流生産者の仲間入りを果たしただけでなく、多くの生産者から尊敬されています。ドメーヌ名となっている「モルドレ」とは、ラベルにも描かれているヤマシギのこの地方でのニックネームです。

ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ
ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ

 

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品