ホーム>オンラインショップ>産地で選ぶ>その他の国のワイン>ヨハネスホフ・ライニッシュ グンポルツキルフナー・トラディツィオン 2017

ヨハネスホフ・ライニッシュ グンポルツキルフナー・トラディツィオン 2017

ヨハネスホフ・ライニッシュ

 

Gumpoldskirchner Tradition

/Johanneshof Reinisch

 

ヨハネスホフ・ライニッシュ グンポルツキルフナー・トラディツィオン 2017
商品コード:3331
ヨハネスホフ・ライニッシュ グンポルツキルフナー・トラディツィオン 2017

産地:オーストリア ニーダーエステライヒ テルメンレギオン タッテンドルフ

品質分類・原産地呼称:クヴァリテーツヴァイン

栽培方法:ビオディナミ

品種:ツィアファンドラー 60%、ロートギプフラー 40%

タイプ:白ワイン 辛口~やや辛口

アルコール度数:12.5%

容量:750ml

仕様:スクリューキャップ

参考小売価格:¥2,905(税込)

販売価格:¥2,268(税抜)

¥2,449(税込)

ポイント:22Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 白ワイン
タイプと価格で選ぶ > 白ワイン > 2,001円~4,000円
産地で選ぶ > その他の国のワイン
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

ヨハネスホフ・ライニッシュ グンポルツキルフナー・トラディツィオン 2017

オーストリア、テルメンレギオンの端にある勾配はブドウ品種ロートギプフラーとツィアファンドラーに申し分のない栽培条件を備えています。これらブドウ品種は世界中でたった130ヘクタールしか存在していないのです。ヨハネスホフ・ライニッシュ氏はこれら地場品種の特徴であるエレガンスと力強さを最大限に引き出し、伝統を守りつつ、現代手法をも取り入れた醸造を行っています。

テイスティング・コメント

輝きのある、グリーンがかったイエロー。粘性は中程度。香りにはマンゴーやライチ、アプリコットなどのフルーティーなアロマが支配的で、スパイスのヒントにジャスミンやポプリ、柑橘類の皮、ジンジャーを思わせる。そして洗練されたミネラルのニュアンスと、僅かに塩気も感じられる。口に含むと爽やかで、ジューシーな果実感。活気に満ち溢れた爽快な飲み口ながら、次第にふくよかさが増していく。酸味は穏やかで高密度なミネラルが味わいを支えておりしっかりとした構造をもつ。その上で柔らかな印象、味わい深き濃密さと心地よいさっぱり感を兼ね備えている。余韻も長く楽しめる。合わせるお料理は、お出汁系料理、寿司、揚げ物、鶏や豚肉のロースト、スパイシーなアジアン料理など

2018年10月試飲(2016年ヴィンテージ試飲)

ヨハネスホフ・ライニッシュ

ヨハネスホフ・ライニッシュ

ウィーンの30kmほど南にあるテルメンレギオン地区は、その名から想像できる通り、古くから温泉地帯でウィーンの人々の行楽地でした。ワイン造りの歴史は古く、12世紀にシトー派が最初の葡萄を植えました。緯度はちょうど47度、気候や土壌もブルゴーニュに似ていることから、オーストリアのコート・ドールとも呼ばれています。ライニッシュ家は、この地域の中ほどにあるタッテンドーフTattendorfの町で1923年にワイン造りを始めました。現当主のヨハネスは4代目、2人の弟と妹、母の5人家族で営むワイナリーです。幼いころから父が葡萄畑で働く姿を見て自然に家業に加わったヨハネスは、1997年から栽培・醸造の指揮をとっています。ナパ・ヴァレーなどのニューワールドのワイン産地での経験を積んだことが、逆に自分のルーツを意識することにつながりました。

ヨハネスホフ・ライニッシュ
ヨハネスホフ・ライニッシュ

ワイン造りの哲学

もともと自然な栽培を心がけていたライニッシュ家ですが、現在はビオディナミを取り入れた有機農法で葡萄を栽培し、その8割は野生酵母で自然に発酵させています。ヨハネスは樽の役割を非常に重視しており、オーストリアの樽職人と相談しながら木材を選んで、最低36カ月間、敷地内で乾燥させています。ライニッシュ家の土地の日光、雨、風を受けることでこの地になじみ、また青臭いタンニンは乾燥によって除去され、必要なタンニンだけが残るそう。ヨハネスは、自らをワインメーカーでも生産者でもなく「ワイン・コンパニオン(ワインの友達)」と呼ぶことを好みます。『ワインを造るのではなく、それぞれの畑の葡萄の果実味やフレーバーがワインになるのを手助けするのが自分の役割』が信条です。

畑とワイン

総面積40ha。ライニッシュ家の畑は、ワイナリーのあるタッテンドーフの町と、ウィーン寄りのグンポルズキルヒェン周辺に広がっています。ハンガリーから来る温かい風をウィーンの森が閉じこめるため、日照時間は2000時間とオーストリアで最も温かいのが特徴です。葡萄はゆっくりと完熟し、たえず循環する空気が病害から守ってくれるそうです。

タッテンドーフ周辺・・・温泉地帯の断層が南北に走る独特の地層で、土壌は沖積世の砂礫のためブルゴーニュ系品種に適しています。

グンポルツキルヒェン周辺・・・標高260〜400m、肥沃な土壌のこの地域では、古くから白葡萄品種ツィーファンドラーとロートギプフラーの名産地として知られています。今ではあまり見かけることのない品種ですが、ライニッシュ家では大事に栽培しています。

ヨハネスホフ・ライニッシュ
ヨハネスホフ・ライニッシュ

 

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品