ホーム>オンラインショップ>産地で選ぶ>フランスワイン>シャンパーニュ>ジャン・ルイ・ヴェルニョン コンヴェルサシオン・ブリュット グラン・クリュ NV

ジャン・ルイ・ヴェルニョン コンヴェルサシオン・ブリュット グラン・クリュ NV

ジャン・ルイ・ヴェルニョン

 

Conversation Brut

Grand Cru

/J-L Vergnon

 

ジャン・ルイ・ヴェルニョン コンヴェルサシオン・ブリュット グラン・クリュ NV
NEW
商品コード:3333
ジャン・ルイ・ヴェルニョン コンヴェルサシオン・ブリュット グラン・クリュ NV

所在地:シャンパーニュ地方 コート・デ・ブラン地区 メニル・シュール・オジェ

品質分類・原産地呼称:A.O.C.シャンパーニュ

栽培方法:サステイナブル

品種:シャルドネ100%

タイプ:スパークリングワイン 白 辛口

アルコール度数:12%

容量:750ml

参考小売価格:¥7,884(税込)

販売価格:¥5,800(税抜)

¥6,264(税込)

ポイント:58Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > スパークリングワイン
タイプと価格で選ぶ > スパークリングワイン > 3,001円~6,000円
産地で選ぶ > フランスワイン > シャンパーニュ
数量:
在庫: 10
カゴに入れる
問い合わせる

ジャン・ルイ・ヴェルニョン コンヴェルサシオン・ブリュット グラン・クリュ NV

ドサージュ:5g/l  瓶内熟成:36ヶ月以上

メニル、オジェをメインにアヴィーズからのブドウを使用。アタックは生き生きとしており、口の中では固く直線的な酸による良い緊張感があります。シャープでありながらシルキーな長い余韻の上で、ミネラル感が長く続きます

評価
インターナショナル・ワインセラー:92点獲得

テイスティング・コメント

明るいゴールドにグリーンのトーン、泡立ちはキメ細やか。香りにはビスケットやペイストリー、小麦、胡桃などの芳しさに、洋梨やリンゴのコンポート、グレープフルーツの魅力的なアロマ。そしてジンジャーや仄かな蜂蜜のニュアンスと、アクセントに石灰、ややスモーキーなミネラルのノートが混じり合う。口に含むと爽やかでシャープな酸が刺激的。活発ながら酸味は「精緻」で、ミネラルとともに味わいを支えるエレガントな仕上がり。純粋さと直線的な構造をもち、上品な中にも目の覚めるようなインパクトの強さが何よりも印象に残る。舌触りはシルキーで、余韻も長く楽しめる。合わせるお料理は、白身肉や魚介のグリル、オマールのロースト、ホタテのソテー、カニグラタンなど

2018年10月試飲

ジャン・ルイ・ヴェルニョン

ジャン・ルイ・ヴェルニョン
ジャン・ルイ・ヴェルニョン

メニルの個性を活かしながら、若いうちから楽しめる

ほぼ2世紀にわたる5世代の間、家族経営によって守られてきたJLヴェルニョンはグラン・クリュのメニル・シュール・オジェ村に位置しており、畑はメニルを中心にオジェ、アヴィーズに計5.3haを所有しています。2002年より醸造責任者となったクリストフ・コンスタンが栽培・醸造の根本的な改革を行うことで、年々目覚ましい発展を遂げている大注目株のワイナリーのひとつです。

一般的にメニルのシャルドネは鋭く厳しい酸と細く硬いミネラルを持ち、飲み頃を迎えるまで時間がかかると言われています。そのため、若い内はなかなかその魅力を楽しむことができず、通常は酸を柔らかくするためにマロラクティック発酵を行います。しかしながら、ヴェルニョンのシャンパーニュの最大の魅力は「早い段階から美味しく飲むことができる」ことであり、その秘密は「十分に熟したブドウを使う」という点にあります。一見普通の言葉ですが、クリストフの意味するところは他とは一線を画しています。なぜなら、彼はメニルの個性を活かすため、マロラクティック発酵を一切行わずに鋭い酸と硬いミネラルを最大限に引き出し、それでいてそれらに負けないだけの豊かな果実味を持つ、熟したブドウを育てているからです。この一見矛盾した二つの面を両立させることで、メニルの魅力が見事に詰まった、若い内から楽しめるシャンパーニュを造り出すことができるのです

ジャン・ルイ・ヴェルニョン

“Salinité”(塩気)

「良いワインが良いシャンパーニュを造る」という非常にシンプルな考えを持つ彼、畑ではビオを意識しながらサスティナブル農法を実践。殺虫剤の使用を極力抑え、入念なカバークロッピングを行うことで収量は自然と低くなると語ります。収穫は手摘みで行われ、伝統的な垂直プレス機での圧搾後、一部のキュヴェを除いて発酵は全てステンレスタンクで行われます。「ブドウの収穫後すぐに頭の中でイメージが完成している」というアッサンブラージュは翌6月に行われ、その後7月には全てのキュヴェを同時にボトリングします。キュヴェごとに3~5年後の熟成を経た後に手作業によるデゴルジュマンが行われ、ドサージュは最小限に抑えられます。このようにして造られるヴェルニョンのシャンパーニュは、シャープな酸とミネラルが織りなすメニルの気品と、生命力あふれる活き活きとした果実味の共存を十分に味わうことができるのです。

自身のシャンパーニュを一言で“Salinité” (塩気)と表現する彼のシャンパーニュはIWC誌からもその力強い直線的なミネラルが称賛され、WA誌でもとりわけその美しい酸とミネラルに由来する味わいのクリアさやブドウのピュアな力強さが大絶賛されています。著名なシャンパーニュ評論家のリチャード・ジューリンはクリストフの功績による近年のヴェルニョンの品質の向上ぶりに感嘆して4つ星を与え、とりわけ彼のシャンパーニュの熟成への期待が語られています。

現在クリストフは退職し、その後醸造責任者となったのはジュリアン・グゥ。クリストフ同様、ミネラルと畑での作業を一番に考えるジュリアンはセロスやテタンジェ、アンリ・ジローといった名だたるワイナリーで研鑽を積んできました。ヴェルニョンの更なる品質向上に余念のない彼の今後の活躍にシャンパン愛好家たちの期待が高まっています

ジャン・ルイ・ヴェルニョン
ジャン・ルイ・ヴェルニョン

 

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています