ホーム>オンラインショップ>タイプと価格で選ぶ>白ワイン>ディ レナルド ゴシップ ピノ グリージョ ラマート 2019

ディ レナルド ゴシップ ピノ グリージョ ラマート 2019

ディ・レナルド

 

Gossip

Pinot Grigio Ramato

/di Lenardo

 

ディ レナルド ゴシップ ピノ グリージョ ラマート 2019
NEW
商品コード:3386
ディ レナルド ゴシップ ピノ グリージョ ラマート 2019

産地: イタリア フリウリ ヴェネツィア ジューリア

品質分類 原産地呼称: D.O.C.

品種: ピノ グリージョ100%

タイプ: 白ワイン(ラマート) 辛口

アルコール度数: 12.5%

容量: 750ml

参考小売価格:¥2,145(税込)

販売価格:¥1,657(税抜)

¥1,822(税込)

ポイント:16Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 白ワイン
タイプと価格で選ぶ > 白ワイン > 2,000円以下
産地で選ぶ > イタリアワイン >
数量:
在庫: 8
カゴに入れる
問い合わせる

ディ レナルド ゴシップ ピノ グリージョ ラマート 2019

ロマンチックな雰囲気を醸し出す、ラマートに輝く美しきピノ グリージョ

「ラマート」はイタリア語で「銅色」の意。いわゆる灰色(グリージョ)品種のブドウを白ワインの醸造で醸し、長めのスキンコンタクトを施すことによってモストが淡い赤銅となります。地元フリウリでは、あくまで白ワインとして飲まれることが多いのです。ピノ・グリージョのようなグリ種は、外見は黒ブドウに近いため、濃い色素が抽出され白ワインであるものの、赤銅色(ラマート)に仕上がります。

テイスティング コメント

鮮やかな赤銅色。粘性は中程度。ザクロやチェリー、ストロベリーなどのチャーミングな香りに、カリン、ハーブ、バラのドライフラワー、アーモンド、ほろ苦いミネラルのヒント。新鮮で、ほんのりと甘やかなニュアンスとスモーキーさが絶妙のハーモニーを奏でる。口に含むとなめらかで、クリスピーな酸味と果実味のバランスが美しい。伸びやかに風味が広がり、酸とともにミネラル感が全体を程よく引き締める。中間部からはほんのりとタンニンが感じられ、後にはピンクグレープフルーツのようなフレーヴァー。まとまりがよくビター加減が心地よい。合わせるお料理は、サラダ、魚介のマリネやスープ、鶏・茸料理、鴨や牛のタタキ、パスタ、トマトソースベース料理など。

2019年1月試飲(2017年ヴィンテージ)

ディ レナルド

ディ・レナルド
ディ・レナルド

フリウリの小さなワイナリーがつくる高品質・少量生産ワイン

ディ レナルドは、Ontagnano(オンタニャーノ)にあるブドウ園で、高品質のフリウリ グラーヴェ D.O.C.を造ることで定評があります。ワイン造りは伝統的手法の良い部分と最新のテクノロジーをうまく融合させた形で、手間暇を惜しまず、決して量を求めない高品質・少量生産を貫いています。レナルド家の歴史は1800年初頭にまでさかのぼることができます。常にオンタニャーノのワイン造りと共に歩んできましたが、10年程前にワイン造りにおいて大改革を行いました。

それはまず、レナルド家の畑に最も合ったブドウ品種を研究し、それを厳選して栽培することでした。そして更にそのブドウ自体の凝縮度を高めるために、1ha当たりのブドウの収量を厳格に調整しました。また、洗練された新しいテクノロジーを積極的に取り入れることにも努力をし、その結果、近年ワインの個性・品質を飛躍的に向上させることに成功しています。

信頼のおける性格がそのままワイン造りにも

オーナーであるマッシモ氏の性格、“非常に生真面目で計画的、何時も清潔で整理されている”がそのまま出ているワイナリー。ワインにも彼の性格がそのまま現れており、伝統に固執せず、常に新しいテクノロジーをいち早く取り入れる時代感覚を持っています。 また、インターナショナルマーケットを見据えたワイン造りを行い、特にニューヨークなどの最先端市場においても、その人気は急上昇中です。

ディ・レナルド
ディ・レナルド

 

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品