ホーム>オンラインショップ>

J.M.ラブリュイエール

J.M.ラブリュイエール

グラン・クリュの畑にこだわり、素晴らしいヴェルズネイのテロワールを表現

シャンパーニュJ.M.ラブリュイエール

J.M.ラブリュイエールは、ムルソーの銘醸ドメーヌ・ジャック・プリウールの共同経営ラブリュイエール家が手掛けるシャンパーニュ、レコルタン・マニピュランです。ラブリュイエール家のワイン造りの歴史は1850年にジャン・マリーがマコン地域のレ・トランでワイナリーを創立したところから始まります。この土地は1924年にムーラン・ア・ヴァンのアペラシオンに制定されました。ブドウ栽培、ワイン生産の規模は広がり、1988年にブルゴーニュに足掛かりを得てムルソーのドメーヌ・ジャック・プリウールの共同経営者となりました。

1992年よりポムロールのシャトー・ルジェ、そして2012年よりシャンパーニュJ.M.ラブリュイエールを手掛けています。シャンパーニュJ.M.ラブリュイエールはグラン・クリュの畑にこだわり、醸造はドメーヌ・ジャック・プリウール同様にナディーヌ・ギュブラン氏が務めています。最良の畑のブドウによるワインを19世紀のセラーにて長期熟成させ、偉大な複雑性をもつガストロノミーの為のシャンパーニュを生産しています。

★ドメーヌ・ジャック・プリウールのワインはこちら