ホーム>オンラインショップ>タイプと価格で選ぶ>白ワイン>モリッツ・プロジェクト ヒドゥン・トレジャーズ バラトン 2017

モリッツ・プロジェクト ヒドゥン・トレジャーズ バラトン 2017

モリッツ

 

Balaton

/Moric Hidden Treasures

A Moric Project

 

モリッツ・プロジェクト ヒドゥン・トレジャーズ バラトン 2017
商品コード:3706
モリッツ・プロジェクト ヒドゥン・トレジャーズ バラトン 2017

産地: ハンガリー

栽培方法: 有機

品種: リースリング、フルミント

タイプ: 白ワイン 辛口

アルコール度数: 12.5%

容量: 750ml

仕様: 蝋封キャップ

参考小売価格:¥4,180(税込)

販売価格:¥3,192(税抜)

¥3,511(税込)

ポイント:31Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 白ワイン
タイプと価格で選ぶ > 白ワイン > 2,001円~4,000円
産地で選ぶ > その他の国のワイン
数量:
在庫: 3
カゴに入れる
問い合わせる

モリッツ・プロジェクト ヒドゥン・トレジャーズ バラトン 2017

モリッツ醸造所当主ローラント・フェリヒ氏と志を共にする仲間とのオーストリア・ハンガリーワインの復興を目指す「HIDDEN TRESURE」プロジェクト。

かつてオーストリアとハンガリーが国境なき時代、一大名産地として世界に名を馳せていたワイン産地としての栄光を取り戻すため、志を共にする仲間とともにローラント氏が立ち上げた「HIDDEN TRESURE」プロジェクト。ハンガリーのヴィラ・トルネイとのコラボレーションでハンガリー産のワインです。バラトン湖北部の石灰岩土壌と火山性土壌のリースリングとフルミントを半々(少しだけリースリング多め)使用し、大樽とステンレスタンクでの熟成。ミネラル感豊富で柔らかく、モリッツならではのエレガンスを伴った白ワインです

テイスティング・コメント

淡いストローイエローにパールやグリーンのトーン。香りはジャスミンやチョーク、ミネラルのニュアンスが豊かで、リンゴや梨、白桃、グレープフルーツ、ライム、トマトの葉、ハーブの香りが混ざり合う。透明感があり鮮やか。ほんのりナッツ、バニラの香りも感じる。口に含むとフレッシュでクリスピーな飲み口。ミネラルに溢れ果実味が弾けるように広がり僅かに感じるガスっぽさが味わいに深みを与えている。純粋にして繊細で、目を瞠るような透明度と活気が、このワインの特徴として印象付ける。飾らずとも品が良く上品な酸とのバランス。しなやかで心地よい緊張感に、旨みとキレ、長く続く余韻をもつ。合わせるお料理は、柑橘類を絞った焼き魚、白身魚 バターソース添え、ムニエル、ホタテの揚げ物レモンソース添え、寿司、和食など

2020年2月試飲

モリッツ醸造所 (所在地 オーストリア)

モリッツ
モリッツ

偉大な赤ワインを創出した反骨の偉人

ブルゲンラント州はオーストリアの最東端。ハンガリーからの温暖なパノニア気候の影響を大きく受ける温暖な産地で、赤ワインの宝庫として知られています。ブルゴーニュ、北ローヌなどの優良生産者を渡り歩き、どの地域の模倣でもない、オーストリアが世界に誇れる赤ワインを造ろうと決心し、2001年にローラント・フェリヒ氏は独立しました。しかし、オーストリア赤ワインのビックビンテージ(1997、2000年)直後の船出は難航したそうです。土地の個性を最大限に引き出すべく、過度な色の抽出を嫌い、果実のボリュームだけではなく酸とのバランスを重視した彼のファーストヴィンテージはあらゆるワイン誌にて酷評を受けることに。畑もワイナリーも借り物でスタートした彼は、そんな世間の逆風にも全く臆することなく己が道を突き進み、今では国際的に圧倒的な評価を得る地位にまで上り詰めました。古木を尊重し平均収量は35hl/1ha、あくまでもフィネスとエレガンスを追求し、小樽、新樽を一切使用しません。その全ては無清澄、無濾過、天然酵母発酵でつくられています。

畑は今では自己所有の部分もありますが、いまだに離れた区画を多数借り受け、醸造所の訪問はほんの一握りの人間しか許されていません。土地の味わいを最大限に尊重した造りで、その土地のものを「何も足さない、何も引かない」、ナチュラルなワイン造りをモットーとし、その自然体ながらもエレガントで優しい味わいに世界中が虜になっています。彼の容姿と同様、妖艶でミステリアスなヴェールに包まれたモリッツワインの魅力を是非体感してください。

モリッツ

新たな挑戦 「SUPER NATURAL」

ローラント氏曰く、ワインは「郷土を表すもの」でなければなりません。単なる土壌構成の表現にとどまらず、その土地の持つ歴史や文化なども盛り込んだものです。この地域は古くは3000年前、ケルトの時代からワインが造られており、その後ローマ時代、民族大移動、800年代のフランク王国の統治、11世紀のハプスブルク家の隆盛へと続き、18世紀には世界で最も高価なワインが造られる産地の一つとなっていました。現在ハンガリー領になっているノイジードラーゼー南端の街オーデンブルク(ハンガリー名ショップロン)はオーストリア、ハンガリーとその周辺国をも含めた一大産地でした。しかしながらその文化やワイン造りの伝統は第一次、二次の世界大戦、さらには資本主義と共産主義の分裂という複雑な歴史を経て全く失われてしまいました。彼曰くまさに「Lost identity」となってしまったのです。現在、彼を含めてこの一大産地をもう一度世に出そうという動きが国境を越えて活発化しています。

そういった動きの一環として2012年よりローラントさんの新たな挑戦が始まりました。近年の研究でグリューナー・フェルトリーナー生誕の地であることが判明したライタベルクのザンクトゲオルゲン村に注目し、石灰岩で真っ白に覆われたこの恵まれた土壌を最大限に生かした最高の白ワインを生み出しています。「Hausmarke ハウスマルケ」とは文字通りハウスワインのことですが、隆盛を極めた18世紀には最も思い入れの強いワインがこの地でこの名前で競うように提供されていたそうです。近年ハウスワインが低価格で出されていることへの彼らしい皮肉を込めたネーミング。さらには巷であふれている「ナチュラル」という言葉にも「ワインは自然だけではできない」との彼の哲学から今年から副題として「スーパー・ナチュラル」が加わりました。

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています