ホーム>オンラインショップ>タイプと価格で選ぶ>赤ワイン>ビーニャ・ペレス・クルス カベルネ・ソーヴィニヨン・レセルバ 2016

ビーニャ・ペレス・クルス カベルネ・ソーヴィニヨン・レセルバ 2016

ビーニャ・ペレス・クルス

 

Cabernet Sauvignon Reserva

/Viña Pérez Cruz

 

ビーニャ・ペレス・クルス カベルネ・ソーヴィニヨン・レセルバ 2016
商品コード:68
ビーニャ・ペレス・クルス カベルネ・ソーヴィニヨン・レセルバ 2016

産地:チリ マイポ・ヴァレー

品質分類・原産地呼称:D.O.

栽培方法:サステイナブル

品種:カベルネ・ソーヴィニヨン94%、カルメネール6%

タイプ:赤ワイン フルボディ

アルコール度数:13.5%

容量:750ml

参考小売価格:¥1,760(税込)

販売価格:¥1,360(税抜)

¥1,496(税込)

ポイント:13Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン > 2,000円以下
産地で選ぶ > チリワイン
数量:
在庫: 6
カゴに入れる
問い合わせる

ビーニャ・ペレス・クルス カベルネ・ソーヴィニヨン・レセルバ 2016

選別の後、軽く破砕し、4 日間低温で発酵前の醸しをします。ステンレスタンクで発酵、24 日間の醸しの後、アメリカンオー ク樽 60%、フレンチオーク樽 40%を使い 12ヶ月熟成させます。その後、最低3ヶ月瓶で寝かせます

評価
2015VT デカンター ワールドワイン・アワード2017:95点 プラチナム獲得
2013VT ワ
イン・アドヴォケイト:90点獲得

テイスティング・コメント

紫がかった濃いルビーレッド。粘性は中程度よりやや高め。香りには熟したラズベリーやカシスジャム、スミレ、ラベンダー、特徴的なローズマリーやメントール、ユーカリのアロマ。そして木樽由来のバニラやスモーク、ロースト香、ナツメグやブラックペッパーなどのスパイスの香りが感じられ、ミネラルが洗練さを与えている。アタックはソフトでなめらか。しっとりとしたシルキーな舌触りで、果実味はエキス分に富んでいる。非常にジューシーで、豊かなスパイスとハーブの風味が旨みやバニラの風味をより一掃引き立たせる。酸も調和がとれておりスムーズな飲み心地、その瑞々しさはアフターまで続く。合わせるお料理は、牛フィレやラム、鴨肉のロースト、赤身の肉料理、パエリア、ビーフシチュー、ソース系料理など。

2018年8月試飲(2015年ヴィンテージ)

ビーニャ・ペレス・クルス

ビーニャ・ペレス・クルス

1963年に初めて農地を購入。90年代に、葡萄を植えることを計画し、‘94年に初めて植樹しました。当初は他のワイナリーへ葡萄を販売していましたが、その頃からペレス・クルスの葡萄の評判は良かったので、自分たちで瓶詰めしようと決意し、6年に渡ってワイナリーの運営について学びました。

最初に葡萄を植える時は、60ヶ所に穴を掘って断面を見ながら、どの葡萄が適しているのか調査し、この土地で古くから葡萄作りをしていた人々の経験談からも学びとりました。現在は、地面にセンサーを差し込んで調査しています。既に葡萄を植えた160haを、このセンサーで見直しましたが、6haだけメルロをカルメネールに変更した以外はぴったりだったそうです。

かつて3,200本/haだった植密度は、現在は6,000本/haとなっています。葡萄の栽培には、土壌の調査は専門の業者に依頼し、その結果を参考にしながら、収穫時期の計画を立てています。収穫は早朝に全て手摘みで行います。一番葡萄の温度が下がるのが夜ではなく日の出の時だからです。酵母は全て人工酵母を使用。偶発酵母はリスクが高く、発酵が不完全なこともあり、品質を重視すると人工酵母の方が優れていると考えているからです。農薬は不使用です。硫黄を予防に使うことはありますが、他は何も必要としません。

造るのは赤ワインだけ

赤ワインだけ造るのは、アルト・マイポの気候、土壌が、黒葡萄の栽培に最も適しているからです。また、共通してローストしたハーブ、ローズマリー、ミントなどの香りがあるのは、アルト・マイポの特徴です。アンデス山脈から冷たい風が吹き降ろし、畑を冷やしてくれ、葡萄の熟成はゆっくりと進み、素晴らしいアロマが保たれるのです

ビーニャ・ペレス・クルス
ビーニャ・ペレス・クルス

 

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品