ホーム>オンラインショップ>産地で選ぶ>その他の国のワイン>ベイラ(ルイ ロボレド マデイラ) ベイラ ティント 2021

ベイラ(ルイ ロボレド マデイラ) ベイラ ティント 2021

ベイラ(ルイ ロボレド マデイラ)

 

Beyra Tinto

/Beyra (Rui Roboredo Madeira)

 

商品コード:4172
ベイラ(ルイ ロボレド マデイラ) ベイラ ティント 2021

産地: ポルトガル ベイラ インテリオール

品質分類・原産地呼称: D.O.C.

品種: ティンタ ロリス(テンプラニーリョ)80%、トウリガ ナショナル10%、ジャエン(メンシア)10%

タイプ: 赤ワイン ミディアム~フルボディ

アルコール度数: 13.5%

容量: 750ml

参考小売価格:¥1,760(税込)

販売価格:¥1,360(税抜)

¥1,496(税込)

ポイント:13Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン > 2,000円以下
産地で選ぶ > その他の国のワイン
数量:
在庫: 8
カゴに入れる
問い合わせる

ベイラ(ルイ ロボレド マデイラ) ベイラ ティント 2021

ポルトガルで最も標高が高い産地ひとつ。フルーティな果実味とフレッシュな酸

大陸性気候で、夏は暑く乾燥し、長く寒い冬が特徴です。畑の標高700mの台地です。花崗岩とシストに石英がまざる土壌です。100%除梗、破砕します。コンクリートタンクを使い、22~26度で7日間発酵させます。コンクリートタンクは、温度変化がゆっくりで、酵母へのストレスが少ないため、トレンドになってきています。その後、ステンレスタンクで約12ヶ月熟成させた後、瓶詰めします。常にエレガントで控えめなミネラルとフルーティな香り。ベリー、スパイス、新鮮で、フルーティな余韻があります

テイスティング コメント

紫を帯びた濃いルビーレッド。香りはフルーティーでラズベリーやブラックベリー、カシスを思わせ甘草、ハーブ、スパイスのノートが混ざり合う。口に含むとなめらかでキメ細かなタンニン、フレッシュな酸とのバランスが良い。ボディは中庸、ミディアムからフルボディ。親しみやすい果実味ながらスパイシーさが絶妙で柔らかに広がっていく。余韻に果実のフレーヴァー。

合う料理 シャルキュトリー、地中海料理、パスタなど

2023年5月試飲(2020年ヴィンテージ)

ベイラ(ルイ ロボレド マデイラ)

ベイラ(ルイ ロボレド マデイラ)

ルイ ロボレド マデイラは、ポルトガルのワイン産業を牽引する注目の生産者のひとつです。1999年の設立以来、DOCドウロとDOCベイラ インテリオールの2つのエリアで、様々なワインを造り続けています。オーナーのルイが初めてワイン造りに携わったのは、1987年のことでした。山々に囲まれた標高600~700mのベイラ インテリオールの土地で、葡萄を収穫し、ワインを造りました。その後、ドウロでワイン造りを経た後、2011年に「ベイラ」というワイナリーを購入しました。ルイは、「ベイラ インテリオールは古くからワイン造りが行われてきた土地ですが、ドウロの影に隠れて忘れられていました。ミネラル感が特徴的な、エレガントなワインができるので、樽を使いすぎず、個性を表現したワインを造っています」と話します。

ベイラ(ルイ ロボレド マデイラ)
ベイラ(ルイ ロボレド マデイラ)

一方、ルイが初めて自らのブランドとして立ち上げたのは、ドウロの「カステロ ダルバ」です。ドウロは、ポートワインの供給地として有名ですが、近年では辛口のスティルワインの品質の高さでも知られています。ルイは、87haの自家畑の葡萄に加え、契約農家や農協からも葡萄を買い付け、素晴らしい辛口のワインを造り出しています。

ヒュー ジョンソンの『ポケットワインブック2022』では、ドウロの注目の生産者、ベイラ インテリオールのベスト生産者にルイのワイナリーの名前が挙げられています。また、ワイン アドヴォケイトの2022年7月30日付の記事では、ベイラについて、「これはマイナーな土地や知名度の低い生産者から、非常にコストパフォーマンスが高いワインが入手できる素晴らしく良い例だ。ここには良い価格の美味しいワインがたくさんある」と賞賛されました。

DOCベイラ インテリオール

『The World Atlas of Wine(世界のワイン図鑑)第8版』では、「やせた花崗岩と片岩の土壌と大陸性気候という条件は確実に可能性を秘めている」と記されていますが、産地として大きく取り上げられてはおらず、まだまだその知名度は高くはありません。しかしながら、著者のひとりであるヒュー ジョンソンの『ポケットワインブック 2022』では、ベイラ インテリオールは赤1星→赤3星と評価されており、「高いポテンシャルを持つ隠れた宝石のようなDOC」と記されています。葡萄畑は、エストレーラ、マローファ、マルカタの山々に囲まれており、標高600m~750mという高地にあります。土壌は、周辺を囲む山に由来する花崗岩を主体とし、残りはドウロ川に運ばれたシストで構成され、数多くの石英の鉱脈が見られます。この土壌は空気を多く含む痩せた土壌のため、収量は自然に低くなります。日当たりが良く、石英を含む土壌が地表から日光を反射させるため、葡萄はしっかりと熟します。気候は他のエリアより涼しく、また昼夜の気温差が大きいおかげで高い酸のレベルを保つことが出来ます。また、夜間の気温が低いため、葡萄の成熟はゆっくりと進み、アロマとフレイバーの集約がもたらされます

ベイラ(ルイ ロボレド マデイラ)
ベイラ(ルイ ロボレド マデイラ)

 

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品